2008年02月03日

村田亙選手引退(トップリーグ最終節1)

注目の2試合、
NEC - 三洋電機
サントリー - トヨタ自動車
が雪のために延期。
ラグビーの延期というのは過去には何度かあったのだろうが、個人的には初めて見た。
NECは最後の望みが1週間延びたわけだ。
ちょっぴり楽しみ。

[ヤマハ発動機 21-39 東芝] ヤマハ

前半20分まではヤマハも踏ん張った。
しかし前週までの戦いどおり、徐々に差が出始め、前半終了時に4トライ目を奪われた時点で4強入りはなくなった。
後半は途中から出てきた村田亙に注目。
これで最後の試合。
40歳でラグビーの現役なんてすごいなあ。
フランスのプロチームまで行った男だし。
この経験を必ずや日本ラグビーの未来に生かしてほしい。
とにかくご苦労様でした。

[神戸製鋼 28-26 日本IBM] 花園

東芝が5ポイントあげた時点で望みがなくなった神戸だが、今日も辛勝だったらしい。
上位チームには大差で負け、中位とは接戦が目立つ。
上下2極化したトップリーグの中で、上に残れるか下に吸収されてしまうのか、来期は大事なシーズン。
心してほしいもの。

[コカ・コーラウエスト 67-12 三菱重工相模原] 博多球
[サニックス 21-29 リコー] 博多球
[クボタ 27-20 九州電力] 花園

期せずして1週間延びたトップリーグ。
入れ替え戦、降格と来期を見据えた展開が始まっている。

posted by まーぶー at 22:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6ネイションズ開幕

いよいよ6ネイションズが開幕。
ワールドカップの翌年なので、戦力がガラリと変わるかと思いきやそうでもない。
ヘッドコーチが変わったのがウェールズとイタリアだけ。
戦力もあまり変わった感がなく、アイルランドなんてそっくりそのまま。
必ずしも新戦力を期待する大会ではないかもしれない。
昨年のこの大会で好調だったアイルランドはワールドカップ本番では散々だったし、低調だったイングランドはワールドカップ準優勝。
まあウィルキンソンがいるかどうかでもあるんだろうが、そんな存在感のある新戦力を期待したい。
posted by まーぶー at 22:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

どうした東芝(トップリーグ第12節)

[トヨタ自動車 19-17 東芝] 花園

トヨタの見事な逆転勝ちだった。
久々にスタメンの廣瀬の出来はまずまず。
連続でPGを外したが、距離もあったのでやむなしか。
動きも悪くはなかった。
しかし正面がいないことそのものが大きい。
水野も欠場していたし。
前半からトヨタが押していたが、後半一瞬のスキをつかれて東芝に連続トライを浴びてしまう。
しかし直後廣瀬が欠場した後に、連続トライを返して逆転。
トヨタはこのメンバーで東芝に勝てたのは大きい。
そもそもトップリーグで東芝に勝ったのは初めてらしいが。
対する東芝は厳しい。
まあ4強には何とか入れるだろうが、その後の展望は見えない。
モールでトライをとれる状況でないのは、バツベイの抜けた穴が大きいのか。トライも突発的な2発だけ。
去年までの強すぎる東芝はどこへ行ったのか?

[サントリー 31-7 ヤマハ発動機] 秩父宮

すでにヤマハの気持ちが切れているのか?
まあ点差ほど差のある試合ではなかったが、サントリーは危なげなかった。
山下大悟が久々にいい動きをしていた。

[リコー 17-20 九州電力] 秩父宮
[コカ・コーラウエスト 27-35 NEC] 花園
[サニックス 12-52 神戸製鋼] 秩父宮
[三菱重工相模原 12-66 三洋電機] 秩父宮
[クボタ 19-10 日本IBM] 熊谷

リコーの降格が決まったらしい。
ラーカム獲得と聞いていたが、どうなるのか?
神戸は久々の大勝。
次週も勝ち点5をとるとして、東芝がヤマハに負けるとは考えにくく、得失点差では東芝は抜けまい。
あとはNECが三洋に勝つことでも期待するか。
可能性は低いがありえなくはない。
最終週もサントリー対トヨタ等、目が離せない。
posted by まーぶー at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

NEC踏ん張る(トップリーグ第11節)

[NEC 33-21 東芝] 秩父宮

すごい試合だった。
前半は東芝が大きくリード。
それも、NECがやらなくてもいいようなトライを許した感じで、正直東芝の勝ちをほぼ確信。
しかし、後半シンビンから流れが変わってきた。
モールから押し込んだ上に、その後はセミシ・サウカワの個人技で逆転。
東芝はブレイクダウンの強さは相変わらずで、ターンオーバーを何度も見せるものの、サウカワにやられた上に、後半は決定力がなく得点をあげることができなかった。
立川も完全に復帰した中で、この逆転負けは東芝にとっていたい。
逆にNECは首の皮1枚つながった感じ。

[三洋電機 40-10 ヤマハ発動機] 太田

もう少し接戦を期待したが、現在の力の差がそのまま出た感じ。
三洋はBK陣に決定力があるし、トニーブラウンのキックも安定している。
ちょっと死角は見当たらない。

[三菱重工相模原 17-45 日本IBM] 秩父宮
[神戸製鋼 26-17 リコー] ホムスタ
[トヨタ自動車 53-24 コカ・コーラウエスト] 豊田
[サントリー 24-14 クボタ] 花園
[サニックス 5-13 九州電力] グローバル

それ以外は順当だが、サントリーが意外とクボタに苦戦している。
ここから先どこがプレーオフに残るのか?
NECは三洋に勝つしか道はないが、トヨタ、東芝、サントリーも決して安泰ではない。
ヤマハは今日の感じでは、トヨタ・サントリーを両方下すのは難しい。
いずれにせよ、あと2節。
posted by まーぶー at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

神戸はプレーオフ争いから脱落(トップリーグ第10節)

[神戸製鋼 7-45 トヨタ自動車] ホムスタ

悲しすぎるほどの神戸の完敗。
ライバルトヨタとここまでの差がつくとは。
神戸もギリギリのプレーはしているが、トヨタの防御をなかなか崩せないのに対し、トヨタは度々のビッグゲイン。
しかも神戸が攻め込んでのパスを2度までも水野にインターセプトされてしまう。
正直かなりの力の差を感じた。
ベテランの多すぎるFWと、若手すぎるBK。
神戸はほぼプレーオフへの望みを絶たれたとともに、再建の困難さが際立った試合だった。

[NEC 8-19 サントリー] 柏の葉

白熱したいいゲームだった。
どちらもFWが強く、どう転んでもおかしくない攻防で、最後にNECにミスが出たが、やはりヤコの欠場が痛かったのか。
これでNECのプレーオフも厳しくなってきたが、そこは大物喰いのNECだけに三洋に勝てば可能性はあるだろう。


[日本IBM 8-45 東芝] 秩父宮
[リコー 6-10 コカ・コーラウエスト] 秩父宮
[ヤマハ発動機 96-0 三菱重工相模原] 長良川
[クボタ 17-33 サニックス] 花園
[三洋電機 52-7 九州電力] 花園

東芝、三洋は順当。
三菱重工は最近息切れ気味。モチベーションは大丈夫か?
大勝したヤマハは何とかプレーオフにもぐりこみたいところだが、三洋・サントリー、東芝と最後まで上位との対戦で、自ら大物に勝って勝ちあがるしかない。
いよいよ残り3節。
posted by まーぶー at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

早稲田ラグビー大学日本一

26[早稲田−慶應]6 国立

やはり早稲田の優位は動かなかった。
BKだけなら互角だったが、FWが違いすぎた。
慶應を見ていると、昔の早稲田のよう。
逆に言えば、FWでゴリゴリ押している早稲田は何か寂しい。
今日に限っていえば、準決勝で欠場していた五郎丸が出場していたのは大きかった。
関東学院が不祥事で欠場する中、早稲田が勝つべくして勝った大学選手権。
決勝で慶應がノートライだったのも力の差からいえば仕方ない。
このまま早稲田の独走が続くのか?
それはそれでつまらないかも。
とりあえず今期の大学ラグビーは終了。
あとはトップリーグだな。
posted by まーぶー at 22:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

神戸踏ん張った(トップリーグ第9節)

[ヤマハ発動機 28-31 神戸製鋼] ヤマハ

この試合は録画して見ようと思ったが、我慢できずに結果をみて後悔。
土壇場の逆転劇は早送りしても面白かったろうに。
神戸は7−28の劣勢から逆転。
後半のヤマハを0で抑えたディフェンスは素晴らしいし、終了間際に追いつき、逆転をするような勝負強さが出てきたのは期待できる。
来週のトヨタ戦はプレーオフをかけた大一番になりそう。

[NEC 24-40 トヨタ自動車] 秩父宮

神戸に初戦で負けて以来の連勝を続けていたNECだけに期待していたが、ちょっぴり小粒な印象。
ヤコのキックはいいが、FWにしろ、BKにしろ決定力には欠ける感じ。
NECは上位との対戦をかなり残しているだけに、これからかなり厳しい感じがする。
一方のトヨタはいい出来だった。
三洋戦の負けは痛かったが、今日の戦い方は、SOの正面がDGを2本決め、水野がスピードだけでなく、正確なPGを連発しており、廣瀬に頼らなくてもいい戦い。
そして極めつけはライダー。
これぞフィジーセブンスの走り。
フリーになったらとても止められそうにない。
来週の神戸戦は関西の雄を決する大一番になりそう。

[三菱重工相模原 15-39 リコー] 秩父宮
[九州電力 10-36 日本IBM] 博多球
[サントリー 55-26 サニックス] 秩父宮
[コカ・コーラウエスト 19-55 三洋電機] 博多球
[東芝 33-17 クボタ] 秩父宮

その他は順当。
サントリー、東芝もこのレベルの相手だと死角はない。
残り4節。
プレーオフに向けて目が離せない。
posted by まーぶー at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

早稲田危うし

[慶大 34-27 明大] 国立
[帝京大 5-12 早大] 国立
大学選手権準決勝は久々に冷や冷や。
今年は関東学院が不祥事で出ない大会だが、ここ数年は決勝が同じカードであるとともに、準決勝までの早稲田は危なげなく勝ち残っていた。
それが一転このスコア。
まあラグビーというスポーツは接戦にもちこめばそのまま膠着することの多いスポーツではあるが、今日はまさにそんな展開。
五郎丸の欠場が大きかったのかもしれないが、バックス陣が思うように前に出られない展開は、対抗戦の頃と明らかに違う。
山中のプレーがやや単調になったのだろうか?
大学選手権になってからバックスが思うように動けていない。
今日は風のせいかミスが多かったし、反則も多かった。
試合を決めたトライというのはモールというのが、何やら不思議な感じ。
まあ何はともかく帝京大の健闘をたたえるべきなんだろう。

もう1試合は慶應が逃げ切った。
あくまでもFWにこだわる明治と展開する慶應。
両チームらしさが出ていて、応援している人は満足したかもしれないが、正直あそこまでFWにこだわる明治の戦い方は疑問。

ともかく決勝は早稲田と慶應の再選。
まあ、対抗戦のようなことはないだろう。
慶應の展開力は今なら早稲田より上のような気がするし、早稲田はFWの優位を活かしたい。
正直明治の方が単純で戦いやすいだろう。
そういう意味では意外といい決勝になるかもしれない。
posted by まーぶー at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

三洋強すぎ(トップリーグ第8節)

[三洋電機 35-24 サントリー] 太田

サントリーが勝つことを期待していたが、三洋は本当に充実している。
トニーブラウンのゲームメークがいいし、FW・BKそれぞれにいいし、バランスがとれている。
サントリーもあと一歩のところでミスが出てしまうが、やはり三洋のディフェンスがいいんだろう。
どうやら三洋の全勝が見えて来た。

[東芝 36-17 神戸製鋼] 味スタ

思った以上に神戸が善戦したという印象。
まあ東芝も本調子じゃないということか。
ここ数試合今村がちっとも目立たない。
やはりこのレベルのチームが相手だと自由に動けないのか。
神戸はベスト4への生き残りが厳しくなってきた。

[サニックス 13-20 トヨタ自動車] 愛媛陸
[三菱重工相模原 14-64 クボタ] 秩父宮
[ヤマハ発動機 58-3 リコー] ヤマハ
[コカ・コーラウエスト 16-20 九州電力] 博多球
[日本IBM 14-21 NEC] フクアリ

そろそろベスト4の行方が気になる。
三洋、サントリー、東芝に続く1チームはどこか。
現在2位のNECは強い相手が続く。
ヤマハ、トヨタも同様。
まだまだわからん。
posted by まーぶー at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

対抗戦勢が4強(ラグビー大学選手権)

[東海大 14-28 慶大] 秩父宮
[明大 29-0 京産大] 花園
[筑波大 8-46 帝京大] 花園
[法大 7-39 早大] 秩父宮

早稲田と法政の試合を追っかけ再生。
早稲田がスクラムやモールでゴリゴリ押しているだけに見える試合で、正直つまらない。
BKの展開は不発だったし、法政の方がいいBK陣にうつったくらいだ。
それでも順当といえば順当か。
後の3試合も対抗戦のチームが勝利。
関西のチームがあっさり負けすぎ。
京産がどのレベルのチームか今年はわからないが、あまりにもイメージが良くないスコアだ。
同志社は早々と姿を消しているし、関西の大学ラグビーが心配だ。
結局対抗戦同士の準決勝。
関東学院がいないので、こういう展開も予想できたが、正直つまらんな。
順当に行くと決勝は早明戦再びという事だが、あまりそこも注目は集まらないし。
とてもワールドカップがあった年とは思えないくらい、ラグビーは盛り上がっていない。
そうでもないのかなあ。
posted by まーぶー at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

三洋が東芝に大勝(トップリーグ第7節)

[東芝 0-41 三洋電機] 栃木グ

正直この点差には驚いた。
開始直後を始め、東芝は何度か三洋ゴール前に迫ったが、モールで押し切れないし、怪我人だらけのバックスには決定力がなかった。
三洋はトニーブラウンを起点に思い通りの展開。
来週のサントリー戦に勝てば、ほぼ三洋の優勝で決まりそうだ。

[神戸製鋼 14-31 サントリー] ホムスタ

かなり実力差を感じた試合だった。
神戸は前後半で1トライずつとるのがやっと。
珍しくハイパントを多用するなど、工夫は見られたが、かなりチーム力に差がある。
結局始めて勝ち点をとれない試合だった。
一方のサントリーは久しぶりに山下大悟が登場。
来週の三洋戦は落とせない。

[リコー 7-33 NEC] 秩父宮
[トヨタ自動車 15-19 クボタ] 皇子山
[九州電力 22-47 ヤマハ発動機] 秩父宮
[コカ・コーラウエスト 13-10 日本IBM] かきどまり
[サニックス 17-10 三菱重工相模原] かきどまり

トヨタがクボタに敗れたのが意外。
とはいえ、上位と下位の差がはっきりしてきたので、大勢に影響はないが。

posted by まーぶー at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

三洋恐るべし(トップリーグ第6節)

[トヨタ自動車 25-26 三洋電機] 小瀬陸

というより、トヨタがだらしない。
前半22-0としながら、後半はPGのみ。
三洋にPG・DGを決められていくと、追い詰められたかのように反則を連発。
前半のBK陣の走りっぷりはうそのように、後半は音なし。
まあ前半の劣勢を修正した三洋は立派だし、トニーブラウン抜きでトヨタに勝ったのも大きい。
来週はいよいよ東芝戦を迎える三洋。
これは見逃せない。

[神戸製鋼 27-16 コカ・コーラウエスト] 花園

点差以上に神戸の辛勝といったイメージ。
終了後に後藤キャプテンが語っていたように、4度のチャンスを活かして4トライをあげたが、それ以外は攻められっぱなし。
ディフェンスが頑張ったともいえるが、コカコーラのBK陣にもう少し決定力があれば、やられていただろう。
来週はサントリー戦を迎える神戸はいよいよ正念場。

[クボタ 30-14 リコー] 秩父宮
[日本IBM 17-39 ヤマハ発動機] 花園
[三菱重工相模原 26-59 東芝] 秩父宮
[サニックス 0-45 NEC] 熊本陸
[九州電力 23-61 サントリー] 熊本陸

それ以外の試合は順当。
東芝の失点の多さと、サニックスの完封負けは若干気になる。
来週の東芝対三洋がとにかく楽しみ。
posted by まーぶー at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

三洋強し[トップリーグ第5節]

神戸と三洋は少しは接戦となることを期待して録画を再生していたが、三洋の圧勝となった。
やっぱり三洋は選手が充実していて、チームとして機能している。
神戸はベテランFW陣が何とか踏ん張っているが、うまさはあってもパワーはない。
新人BK陣が頑張ってはいるが、力の差は歴然。
神戸は今後上位陣に対して苦しい戦いが続きそう。
全勝を守った三洋を止めるのはどこかが当面の楽しみになりそう。

その他の試合は順当で、波乱のない週だった。

[日本IBM 23-12 サニックス] 秩父宮
[サントリー 50-10 三菱重工相模原] 秩父宮
[トヨタ自動車 61-20 リコー] 春野
[コカ・コーラウエスト 18-39 ヤマハ発動機] 鴨池
[三洋電機 57-24 神戸製鋼] 桃太郎
[クボタ 11-13 NEC 松本]
[九州電力 19-34 東芝 鴨池]
posted by まーぶー at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早稲田ラグビーが明治に歴史的勝利

[早稲田71 − 7明治]国立競技場

早稲田が勝ったんだからいいんだが、この点差は正直がっかり。
前半明治が先制した時には、もしや、との思いもあった。
その直後に明治が早稲田陣に攻め込んだところまでが、この試合の盛り上がり、直後のインターセプトから同点となると、前半19−7の段階でほぼ早稲田の優位が動かない感じ。
後半はやることなすことうまくいった早稲田に対して、明治は大混乱。
FWで圧倒するつもりだったのか、FWで押せないと力が発揮できないのか、意外とキックを使ってくる早稲田に対応できないのか、後半は52−0。
もちろん点差ほどの実力差などあるはずはないが、さすがにこの展開では、最後はほとんど早送りで見るしかなかった。
大学選手権に向けてこんなに余裕のあるシーズンはないかもしれない。
同志社あたりが強かったりするのかなあ。
でもあっさり優勝できそうな予感。
posted by まーぶー at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

早稲田が慶應に完勝

[早稲田 40-0 慶應] 秩父宮

まあ負けるとは思わずに見ていたが完封とは。
開始直後の慶應の出足は悪くなかった。
慶應に傾いた時間もあったし、早稲田にシンビンもあったので、慶應が得点を挙げることは充分に可能だったと思うが、ほぼすべてにおいて早稲田が上回っていた。
これで今年も全勝優勝が見えてきた対抗戦。
というより大学選手権の結果すら予想できる気がする。
そんな慢心はよもや学生にはないだろうが、死角があるとすればそれくらいか。
もちろん近年の早稲田ラグビーの中でとりわけ今年が強いというわけではないが、正直ライバルがいない。
ちょっぴり物足りない感じもする。
posted by まーぶー at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

神戸・三洋全勝守る(トップリーグ第4節)

[クボタ 21-28 神戸製鋼] 東北電ス
[リコー 22-43 サントリー] 三ツ沢
[九州電力 22-27 トヨタ自動車] 鳴門大塚
[コカ・コーラウエスト 16-43 東芝] 生目の杜
[三洋電機 57-21 日本IBM] 太田
[NEC 57-34 三菱重工相模原] 柏の葉
[サニックス 7-5 ヤマハ発動機] 生目の杜

宮崎の生目の杜の2試合はJスポーツを録画してみたが、かなり早送りだったので、内容はあまり。
先週サントリーを破ったコカコーラを東芝が一蹴した。
ヤマハがサニックスに敗れたのも、いずれ逆転すると思いきや最後まで行ってしまった。
上位進出に向けてヤマハは苦しくなってきたな。
神戸は辛くも勝利。強いんだか弱いんだかさっぱりわからん。
しょう
来週は試合がないが、次はいよいよ三洋対神戸。
なんとか神戸に頑張ってほしい。
posted by まーぶー at 13:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

早稲田快勝(対帝京)

[帝京大 8-61 早大]秩父宮

昨日の試合は点差としては快勝そのもの。
SO山中、途中出場のWTB中濱といった1年生の活躍は、この先が楽しみ。
ただ、ブレイクダウンは劣勢の面もあり、ターンオーバーされるシーンも多かった。
帝京大のミスに救われた感じ。
それでも今日の得点力を見ると、慶応・明治に対しても優位が動かない。
とはいえ、関東学院が大学選手権に出なくなったため、このままだと早稲田の独走で終わりかねない。
何とか他大学の奮起も期待したいなあ。
posted by まーぶー at 23:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

サントリー不覚[トップリーグ第3節]

[サントリー 22-23 コカ・コーラウエスト] 花園

この番狂わせはビックリ。
前半15−6でサントリーがリードしていた時点ではコカコーラのFW陣の頑張りが目立った程度だったが、22−9から連続トライ&ゴールで逆転。
自力を考えれば、サントリーが逆転するかと思いきや、あせりもあってか得点できずにノーサイド。
W杯でのオールブラックス対フランスを思い出す。
何れにせよこういう結果が出るんだから、コカコーラも力をつけたもんだ。

[神戸製鋼 54-7 三菱重工相模原] 花園

三菱重工は厳しいなあ。
メンバーを見ると高卒中心でスター選手がいない。
トップリーグ昇格で外国人を中心の補強はしているんだろうが、ちょっと力不足感は否めない。
今日の神戸は相変わらず新人BK陣が活躍していたが、あまりこの大勝は参考にならない感じ。
早く三菱重工に勝ち点が入らないかなあ。

[NEC 38-22 九州電力] 盛岡南
[リコー 10-39 三洋電機] 盛岡南
[トヨタ自動車 37-30 日本IBM] 瑞穂
[クボタ 7-14 ヤマハ発動機] 秩父宮
[東芝 28-12 サニックス] 秩父宮

接戦が多い。
特に九州勢が善戦している。
IBMもいい戦いをしている。
サントリーが負けたことで、当面神戸と三洋がトップに立ったが、東芝とサントリーが追う展開というのも面白い。
この4チームの何処が割って入るかもプレーオフに向けて興味はつきない。
意外と今年のトップリーグは面白いな。
posted by まーぶー at 01:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

神鋼大丈夫?[トップリーグ第2節]

[ヤマハ発動機 19-23 NEC] 瑞穂

先週の戦いからはヤマハが有利と思いきや、全く違った展開。
NECにラッキーなトライがあった面もあるが、ヤマハがかなり攻めあぐねていたのは、NECのディフェンスがよかったし、FW陣の踏ん張りもあったんだろう。
大西のキックが不調なのもヤマハには痛かった。
両チームは3位以降でもつれそうな位置だけに、今後が楽しみ。

[日本IBM 13-52 サントリー] 秩父宮

もう少し余裕でサントリーが勝つのかと思いきや、後半20分くらいまではIBMも踏ん張る。
若干サントリーがメンバーを入れ替えたせいもあるようで、このあたりは余裕か。最後はしっかり突き放した。
でも、前半のIBMのディフェンスやカウンター攻撃は悪くなかった。

[神戸製鋼 33-31 九州電力] 西京極

中継がなかったのでなんとも言えないが、神鋼があわやの試合。
九州電力の選手も充実しているとはいえ、先週NECに快勝した勢いはどこへやら。まだまだ不安の多いチームらしい。

[コカ・コーラウエスト 25-13 クボタ] 花園
[トヨタ自動車 59-10 三菱重工相模原] 瑞穂
[三洋電機 72-5 サニックス] 花園
[東芝 40-24 リコー] 秩父宮

三洋電機が充実しているようだ。
東芝はリコーに苦戦したのか、リコーの出来がそこそこいいのか。
このあたりのチームが次節以降の楽しみ。
posted by まーぶー at 00:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

トップリーグが始まっていた

[東芝ブレイブルーパス 3-10 サントリーサンゴリアス] 秩父宮

この開幕戦は行きたかったが、気付くと終わっていた。
トップリーグ一番のカードを見ないうちに終わってしまうのは残念。
バツベイもいなくなり、東芝も若干の戦力低下は否めない。
ここ数年東芝に負け続けだけに、清宮サントリーとしては何としても勝ちたい。
そんな状況で雨の中の接戦はサントリー。
サントリーも1トライのみで、東芝はPG1本のみのロースコア。
まあ、この決着は必ず別の機会にあるんだろう。

[ヤマハ発動機ジュビロ 26-20 トヨタ自動車ヴェルブリッツ]ヤマハ

この試合が今シーズンの初テレビ観戦。
この試合も雨の中での戦いとなったが、両チームともディフェンスはしっかりしているし、役者がそろっている。
トヨタのSOが正面というのが驚きだったが、まだ広瀬のレベルにはないのか。
ヤマハは大西のキックがさえまくっていたのと、後半シンビンで一人多い状態の説きに確実に得点できたのが大きい。

[神戸製鋼コベルコスティーラーズ 36-21 NECグリーンロケッツ]花園

日曜日はこの試合をテレビ観戦。
前半に神戸が4連続トライで突き放し、後半もシンビンで14人という不利な状態で2トライ。
ワールドカップトンガ代表で大活躍したSOホラの動きがよかったし、ルーキー今村の突破も力強かったし、ベテランもいい働きをした。
神戸の復活したとは言い切れないが、今シーズンに若干の期待を持てる開幕戦だった。
NECはFWの動きが鈍かったし、タックルミスも多かった。いつもスロースタータで、大物喰いが特色ではあるが。


[三洋電機ワイルドナイツ 19-6 クボタスピアーズ]太田
[リコーブラックラムズ 9-3 日本IBMビッグブルー]秩父宮
[九州電力キューデンヴォルテクス 37-15 三菱重工相模原ダイナボアーズ]博多球
[福岡サニックスブルース 17-13 コカ・コーラウエストレッドスパークス]博多球

前年の順位の順番に開幕戦を組んでいたので、ほとんどの試合が接戦になったのはいいが、来週以降見たい試合が極端に減ってくる。
今年も上位陣の顔ぶれには変化がなさそうだ。
posted by まーぶー at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。