2005年12月30日

2005年終了

明日は新幹線で帰省。
ということで、今年最後の更新。
仕事も昨日までで、今日は朝から昨日のホームラン特集(フジテレビ739)を見る。
もちろん、5時間以上ホームランを見続けることは、ピッチャーという職業と縁のない人間でもきつい。
マリーンズのホームランだけ抽出し(5時間30分が25分に)ている間に、他の球団の分は早送りで見ていたが、やっぱ外人さんの飛距離は違うね。見てていやになる。
いやになる、といえば、今日のマリーンズ特集(フジテレビ739)。
3試合ほどは見たが、143試合12時間どうやって見よう。
まあ、来年考えよう。

契約更改も順調?に進み、保留は小林雅、藤田、小林宏くらい。(里崎は未交渉のまま)
でも、球団の提示はそれなりに納得できる額にような気がする。
まあ、自分自身のプライドの問題ということでしょうから、せいぜい頑張ってください。

小坂のトレード発表からしばらくたち、多くのマリーンズファンの嘆くコメントを見たが、どうも、この気持ちは世間一般には伝わらないらしい。
また、マリーンズの他の選手からも、球団の姿勢を問う声は聞かれない。小久保の無償トレードとは次元が違うということか。
「終わりよければ・・・」とは正反対の2005年であったが、2006年もマリーンズの選手・ファン・球団すべてにとって、いい年でありますように。
posted by まーぶー at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

マリーンズ関連映像の整理!

12月に入って急遽契約したフジテレビ739でマリーンズの全試合12時間、日本シリーズが1時間(30日)。今日のホームランが5.5時間(29日)。
今年買ったHDDレコーダーに入れてしまえば、正月あけにじっくり見れる。
とはいえ、年末年始は他にも大型の番組の録画も必要だが、HDDの残量が・・・
プレーオフ、日本シリーズ、アジアシリーズ、その他もろもろの番組が残ったままだ。
しかも、何十時間あるかも把握してない。
やっぱDVDメディアに保存しないと駄目かな。やったことないけど・・・
何を残せばいいのか、DVD何枚必要なのか、う〜ん悩む。

マリーンズ公式に出てる千葉テレビの特番いいな〜
でも、千葉テレビ映んないだよな。残念。

【マリーーンズ公式】
posted by まーぶー at 10:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

次期監督に小宮山?

記事を読んでもみても、ほぼ根拠ゼロの内容。
しかも、ニュースとしてのインパクトも薄く、この記事に何の目的があるのかよくわからん。
まあ、ボビーの続投が、契約内容がよくわからないまでも決まった中、あくまでも将来の監督候補の1人ということでしょう。
「候補」としては、当然名前があがるべきでしょうが、正直特にすぐれた野球理論を持っているとも思えないし、「評論家」というだけで監督なら、誰でもなれちゃう。
小宮山は自分が1・2年生の頃早稲田のエースだったが、あの頃は早稲田の低迷時代で、優勝とも縁がなく、まさか自分の好きなオリオンズに入ってくるとは予想もしなかった。それもドラフト1位。との時は早稲田の学生が皆驚いたもの。
ロッテを離れた(離れざるを得なかった)時期もあるが、選手としての実績は申し分ない。
ただ、本当に「人の上に立つ」人物かというと、疑問だなあ。
まあ、来年も「敗戦処理」的な仕事が多いだろうし、何れコーチ業もやることになるんだろうけど、きちんとした指導者としての実績も積んで、「候補」から選ばれてほしいもの。
ま、どっちにしても、随分先の話だ。

【報知の記事内容】
posted by まーぶー at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

小坂トレード?

驚きました。
色んな人(マリーンズファン)のコメントを見たが、誰一人納得出来ない不可解なもの。
金銭っていうのも変な感じ。
うーん、何をどう考えてもプラスにならんような気がする。
何か、讀賣と裏取引でもあるんだろうか?
プレーオフ第1ステージの怪我から、そのままフェードアウトしてしまったわけだが、別に「小坂抜きで余裕」って言えるほどの内野陣じゃあるまいし。
マリーンズがおかしな方向に迷走していかないことを祈るばかり。
posted by まーぶー at 00:17| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

荒木広報部長(プロ野球ニュース)

今日は起きるなり、昨日録画した番組のチェック。
まずは、「ヒラメ筋」?(調べてから書こう)
何とも中途半端な、スポーツ番組なんだかお笑い番組なんだかわからん番組。
日テレなんで、江川や武田がとりあえずいる。
で、わがマリーンズの選手が番組のチームとキックベースをするという、かつての「夢がもりもり」(正確な名前は覚えてない)もビックリの内容のなさ。
とりあえず流して、すぐ消去。
これじゃ、「日本一になったから選手の露出が増えた」とは喜べない。

気を取り直して、プロ野球ニュース。
今年はこれで最後らしい。
改革元年のプロ野球について、テーマごとに解説者陣が意見を述べるわけですが、まあ関根さん相変わらずですね。
この年でテレビに出てること自体すごいんだろうけど、いまどき「ドラフトは自由競争」みたいな意見は・・・・
一方田尾さん。
オーナー、フロント陣との対立を含め、実にいい話をする。以前解説をしてた頃より一回り大きくなった気がする。
そして、中盤からは、どうやら本題の「ファンサービス」というテーマで荒木広報部長が出てきました。
ちょっと、話が回りくどいんだけど、実直な話し方で、「マリーンズがファンサービス」で一歩抜けているという印象を視聴者に与えるには十分でした。(まあ、視聴者って少ないんでしょうけど。)
特に、4月のマリン「花見ナイター」で試合を中断してしまったことについて、清水がヒーローインタビュー等で、球団の裏方をかばうようなコメントをした話、とてもいい感じでした。
番組そのものは、デーブ大久保のよくわからないコメントと、高木豊の冷静な話口も加わり、スペシャルとは思えない淡々とした内容で終了。
年末にマリーンズの全試合と、日本シリーズ、すべて「今日のホームラン」が放送されるということで楽しみ。
posted by まーぶー at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

セラフィニ君さようなら

セラフィニ退団でオリックス行きですか。
まあ、マネーゲームに乗らない球団の姿勢はいいでしょう。
セラフィニとて、31という年齢なんだし、稼げる時に稼いでおかないといけないわけで、当然の選択なんでしょうね。
とにかく、マリーンズとしては来季しっかりセラフィニを攻略することと、新外国人の獲得が問題。やっぱり左腕なんでょうね。先発に左腕が1人欲しいというのは勿論だけど、リリーフ陣の勤続疲労を考えると、ウイリアムス的なリリーフ左腕がいて欲しい気もする。
ボビーがアメリカに埋もれている選手を発掘して、いい選手を連れてきてくれるといいんだけど、ボビーのその辺の能力は言われてるほど高くない気がするので、ちょっと心配。
まあ、スンちゃんも残留が決まったようだし、戦力もほぼ確定。
あとは、契約更改で藤田がどこまでごねるか。
posted by まーぶー at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

オープン戦マリンばっか

オープン戦の日程が発表されたけど、鹿児島⇒札幌ドームの後は、横浜の1試合を除いてマリンばっか。
オープン戦なんで、特にルールもないんだろうけど、あまり偏りがあるのも変な感じ。
まあ、個人的にはオープン戦で遠いマリンまで行きたくないんで、神宮を期待してたんだけどね。

昨日は録画してた「孝太郎プラス」なる番組を見た。DVDレコーダーの検索機能から見つけて録画したので、深夜の番組ということも知らなかった。こういう風な取り上げられ方をするのは、今後監督にでもならない限りないんだろうな、などと思いながら、ヘビメタ・スロット大好きの初芝の素顔を見ていた。
チームは優勝旅行中ということで、ゆっくり楽しんできてほしいもの。(野球とお金のことは忘れて)。
それにしても、柳田の107キロって太りすぎだよなあ。
posted by まーぶー at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

優勝してもロッテらしいオフシーズン

7日から10日まで一足早く優勝旅行(?)に沖縄へ。
沖縄あたりで旅行してると、球界の新情報もなかなか見る機会はなく、ようやくオフ状態。
そんな中、予想されていたとはいえ、契約更改は順調でないし、外国人の契約もゴタゴタしている。
野球選手の給料が高いか低いかなんて一般の人が判断できる話じゃないし、選手とすればもらえる時にもらおうと思うのが当然なんだろうけど、優勝したからって、誰でも彼でも上がるもんじゃなかろうし。
自分が球団の立場だったら、常に「どこを削るか」考えるわけで、例年なら「優勝してないと個人成績だけでは上がらない」なんて言っといて、優勝した年に十分な働きができてない場合にはダウン提示するのは、当然だろうな。諸積あたりは年齢的に先はあまり期待できないし、微妙だな。
逆に、例年と同じような働きで、チームが優勝したら更に大幅アップと言う藤田みたいなのもちょっと困ったもの。
まあ、他人の懐具合は見ないとこにするのが平和。
外国人選手については、事実上日本国内での移籍が自由になってしまっている現状の方がおかしいわけで、まあ他の球団の方が金くれるっていうんなら、出てってもらえばいいや。
WBCに多くの選手が出る以上、例年以上に早くスタートを切る必要があるわけで、早く来季の戦力も固まってほしいものです。
posted by まーぶー at 22:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

プロ野球ニュース(高橋慶彦コーチ)

シーズンが終了してようやくスカパーのセットを変え、プロ野球ニュースを見れるようになった。
昨日は高橋慶彦コーチが出ていて、なかなか興味ある内容だった。
監督が1割の日本語と9割の通訳なので、首脳陣の話としては、コーチが一番重要な話が聞けるんだけど、他のコーチは正直“華”がないだけに、高橋コーチはいいね。
特に、「好きなときに走っていい」という『グリーンライト』というサインについて、初めてきちんとした話が聞けた。
また、打順の入れ替え(特にサブロの4番)についても、高橋コーチが言う説明には説得力があるんだけど、解説の池田や高木豊が未だ納得してない感じで、まだまだマリーンズの野球が一歩先を行っている感を抱く。
それにしても、どちらかといえば、やんちゃで一匹狼っぽい高橋慶彦が、こんなに立派にコーチをやってること自体も驚き。
話を聞いていると、すべてボビーが決めていて、コーチは指示されているだけみたいだけど、選手だけでなく、コーチにもどんどん進化してほしいもの。
高橋慶彦等今のコーチ陣の中から、ボビー野球を身に着けた監督が出てきて欲しいとも思う。
posted by まーぶー at 10:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

ロッテリア「マリーンズ優勝キャンペーン」(その2)

そろそろ第一弾が終わろうとするこのキャンペーン。
本日昼休みに挑戦してみたところで、〈ボビーといっしょに〉さんの「【TB企画?】ありがとうマリーンズ がんばれ親会社」に参加してみる。

Q1. あなたはロッテリアのマリーンズ優勝キャンペーンに参加しましたか?
(ロッテリアで500円以上食べて、スクラッチカードをもらいましたか?)
はい

Q2.参加した回数と、当たった賞の内訳は?
特別賞(選手・監督 サイン入りユニフォーム) 0回
A賞(セ・パ交流戦優勝パーカー) 0回
B賞(日本シリーズ優勝マフラータオル) 0回
C賞(ベーコンサラダチーズバーガー) 0回
D賞(フレンチフライポテトS) 0回
E賞(50円割引券) 0回
ハズレ 3回

Q3.キャンペーンに参加した時、食べたメニューを覚えてる範囲でお書きください。
リブサンドセット
エビバーガーセット


Q4.最後に一言!
まるで当る気がしない。
入口でクーポン付のチラシを配っていて、裏に第2回の告知あり。
B賞にキティちゃんとマリーンズトランプが並んでいたが、選ぶことはできないらしい。
うーん、これ苦情もんだな。
まあ、滅多にあたらんだろうが。
このキャンペーンそのものの感想は第1回目の記事にて(⇒19日のエントリー


posted by まーぶー at 15:44| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(3) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

ANAと千葉ロッテマリーンズが業務提携

なんかすごいことになってるなあ。
飛行機は年に1回乗ることがあるかどうかなので、マイレージとかほとんど無視してたんだけど。
しかも、12月の沖縄(勝手に!)優勝旅行もJALだし。
さらに、Edyって何のことやらよくわかってない。勉強しなきゃ。
2月になると、申込みが可能ということで、きっとカード作ることになるんでしょう。
まさに、マリーンズが生活の一部となっている身としては、様々なサービスと提携すると、楽しみが増える気がして、うれしい。
それにしても、一昔前の球団職員って、親会社から来た窓際ってイメージあったけど、今年のマリーンズ見てると、いっぱい仕事してる感じ。当たり前のことだけど。

【マリーンズ公式ページの内容】
posted by まーぶー at 14:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

千葉ロッテマリーンズ優勝記念DVDBOOK

今日は早く起きて時間もあったので、ようやく見た。
他のDVDはアマゾンで予約して買ったけど、こっちは当初パス。
しかし、渋谷の書店で見かけた時に、
「いっきに見せます。マリスタの全ホームラン」
とのフレーズに思わず買ってしまって、今日はほぼ1週間後。
そのホームランですが、プロ野球ニュースの「今日のホームラン」のようにリズミカルではなく、いきなりホームランの映像だったり、初球からだったり、前の打者の出塁からだったりと、まちまちなんだけど、見ながら今シーズンの一覧表を確認したりすると、結構楽しい。
選手1人1人の映像も、活躍量と映像量が比例しなかったり、何故その試合が使われているのか不明である部分が多いが、まあこれはこれで味がある。
テレビ局系の残りの2本はアナウンサーの実況やナレーションが入っているが、これは一切なし。
しかも、プレーオフの胴上げシーン以外は、すべてマリンの映像。
宝島社が優勝決定後に作り始めるんだから、こうなるのは当然ですかね。
でも、ソフトとしての完成度は低くても、満足度はこれが一番高かったような気がします。
しばらくして「また見よう」と思うのは、たぶんこの1本でしょう。
posted by まーぶー at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

オフも大活躍?のマリーンズ

例年になく、オフの番組にもマリーンズの選手が出ている。
日本一になったんだから、当然といえば当然なんだろうけど。
「関口宏の東京フレンドパーク」なんて、「くだらない」と決め付けて全く見たことなかったけど、とりあえず見てしまった。
いずれにせよ、マリーンズの選手が普通に「有名人」であるかのごとく扱われるのは嬉しいこと。フライデーも然りなんでしょう。
贅沢を言えば、もっと地味な選手にも出て欲しいもの。
個人的には藤田とか薮田とか堀とか小坂とか。まあ、出てる選手も十分地味だけど。
年棒も総じて上がるようだし、めでたしめでたし。
とはいえ、今の盛り上がりは一時的バブル。一般の人に浸透するにはまだまだ。
「チーム26」とか「独立採算制」だとか、色んなことが聞こえてくるんで、また来年も楽しみは続く。
それにしても、マリーンズ優勝記念のお菓子って見かけない(渋谷・調布)。
千葉県内だけなのかな。
posted by まーぶー at 19:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

DVDまた買った

image/ma-kun-2005-11-23T13:23:28-1.jpgまだ見てないけど。
前に買ったのも見てない。
見てない。
見てない。
見てない。
見てない。
・・・・・

                        
posted by まーぶー at 13:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

プレーオフ制度変更

来年のプレーオフの制度が決まったそうな。
レギュラーシーズン1位が無条件に1勝というのは仕方ないとして、3・4試合の開催権が第1ステージ勝者にうつるというのは、どうなんだろう。
第1ステージ勝者が2連敗すると、3戦以降はないわけで、そのためにチケット売って、警備員の手配をして・・・・
こんなんで、地上波で放送できるんかな。
逆に1勝1敗でレギュラーシーズン1位が敵地に乗り込んだ場合、2連敗することは、さほど珍しいことではなく、本当に1位のアドバンテージが強まったんだろうか。
昨日、コバマサが「来年はマリンで胴上げ」と言ってたけど、レギュラーシーズン1位の場合、プレーオフで2連勝しないと、マリンで胴上げできない。
日本シリーズも、4連勝か4勝1敗でないと、マリンで胴上げできない。
うーん、マリンの胴上げは難しい(2位で勝ち上がると、胴上げは必然的にマリンということにはなるが・・)
まあ、来年のことはあまり考えてもしょうがないか。


【日刊スポーツ記事】
posted by まーぶー at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

マリーンズファンフェスタ寒かった〜

ファンフェスタ1.JPG ファンフェスタ2.JPG ファンフェスタ3.JPG ファンフェスタ4.JPG ファンフェスタ5.JPG ファンフェスタ6.JPG

調布から幕張は遠いし、体力的にも不安なので、パレードはあきらめ、ファンフェスタのみ。
それも、球場に着いたら12時。
メッセの駐車場も激混み。
パレードは球場から最後をながめ、あとは寒い中セレモニーを満喫。
派手さはないけど、いいセレモニーでした。
最後は、グラウンドに入り、芝生の感触に満足。
これで、映像を見る以外は来季まで封印。
しかし、その後のメッセの自慢市と帰りの首都高渋滞でグッタリ。
映像と言えば、DVD2本目も届いたけど、見るのは当分先になりそう。
posted by まーぶー at 22:47| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ロッテリア「マリーンズ優勝キャンペーン」

今日は午前中だけ出勤して、昼だけ食べようと、渋谷の街をウロウロ。
久しぶりに、王将の餃子定食を食べてみたかったが、「マリーンズ優勝キャンペーン」が気になるので、久しぶりのロッテリアへ。
500円でスクラッチカード1枚ということで、リブサンドのセットを注文したが、
「はずれ またチャレンジしてね」だって。
まあ、食べながらスクラッチカード見たけど、上位の賞は皆マリーンズ関連なのね。
キャンペーンの趣旨からして当たり前だが、このグッズがマリーンズファンの手に入る可能性はかなり低い。
少なくとも、これから自分で当てることは難しそうだ。
何気なく買った人の中で、優勝マフラーとか、優勝タオルが当るのか。
この渋谷のセンター街のコギャルの中に当る人もいるのか・・・
うーん、上戸彩まで使ってるけど、無茶なキャンペーンだ。
上位の人は食事券との選択制にして、余ったら、スクラッチカードのナンバーを入力した人の中から抽選(飲料系でよくあるパターン)とかすればいいのにな。
もちろん、ロッテグループのやる気は感じるけど。
結局のところ、15万名に当るE賞(50円引き券)すら当らなかったことに、ひがんでるだけか。
posted by まーぶー at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

マリーンズのドラフトは満点?

◆3巡目指名 根元俊一内野手(東北福祉大・22歳)右・左
◆4巡目指名 川崎雄介投手(ホンダ熊本・23歳)左・左
◆5巡目指名 古谷拓哉投手(日本通運・24歳)左・左
◆6巡目指名 相原勝幸投手(富士大・22歳)右・左

スンちゃんの動向が若干気になるとはいえ、今後大物外国人を獲得したり、派手なトレードをやる可能性が低いマリーンズにとって、連覇を狙う戦略補強の最後のチャンス。
何といっても、例年のマリーンズは“あそこも欲しい、ここも欲しい”と補強ポイントが一杯。優勝した今年はウィークポイントがはっきりしていて、そこに搾った補強が行われるのは当たり前。
ずばり、内野手と左投手。
そういう意味では、いうことないんでしょう。
とはいえ、甲子園ならチラチラ見ることはあっても、大学や社会人の選手はまるで見ることはないんで、全然イメージわかねい。
根元はそれなりに評価は高そうだけど、小坂の1年目みたいな活躍ってのは贅沢かな。
川崎はソフトバンクや横浜が狙ってようですが、古谷はマリーンズだけが注目していた選手の模様。“隠し玉”っていう表現もいかがなものか。とにかく左腕は少しでも戦力になってもらわないと。
相原の富士大というのは、正直存在自体知らなかった。
上からも下からも投げれるそうですが、完成度は低そうですから、今後の化けぶりに期待というところでしょうか。
とにかく、今回入った選手が活躍することも大事ですが、浦和マリーンズの選手を刺激して、チームのレベルが上がることも重要。
選手を使い捨てにするのではなく、しっかり育成できるチームになりきれるかどうかが、マリーンズ時代が本当にくるかどうかの分かれ目でしょう。
とにかく、今回入った選手が一日も早くマリンスタジアムで活躍することを期待したい。
posted by まーぶー at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

DVD1本目到着

アマゾンで注文した『BUILDING OUR DREAM ! 2005 千葉ロッテマリーンズ 激闘録』DVDが本日到着。
まだ、表紙しか見てないけど、これって日本シリーズは出てないんだ。
でもって、今から見出すと寝るのが遅くなりそうなので、結局週末かな。
でも、見ようかな。迷う。
posted by まーぶー at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

アジア制覇!(本日のマリーンズ)

image/ma-kun-2005-11-13T22:40:06-4.jpg東京ドームに着いたのは、午後3時ごろ。
チケットだけ買っておこうと、当日券売場に行くが、1塁側指定は売り切れているので、自由席を購入。
その後は、とりあえずスパラクーアで2時間ちょっとくつろぐ。
さっぱりして、夕食を買ってドームに入ると、丁度国家の演奏。
皆立っているので(当たり前だが)、空いてる席がわからん・・・
とりあえず、ネット裏3塁寄り、かなり上方に二人分の席を確保。
それにしても、今日の入りはすごかったなあ。
外野は当然として、2階席も9割がた埋まってたし。
やっぱ決勝にかけてる人が多かったわけだ。

試合はまあ、勝ててよかった。
日本の代表として、アジアチャンピオンになれてよかった。
俊介は打たれながらも地道によくしのいだ。
福浦・小坂が欠場する中、今江まで交代で内野守備はボロボロ。正人はホームランで帳消しにしたけど、塀内はねえ・・・
コバマサもちょっと守備に足引っ張られたけど、しっかり劇場。センター返しを中心に連打を浴びるところは、チョット第二ステージ第3戦を思い出させた。
結局ヒットの数ならダブルスコアで負けてたし、サムソンのリリーフ陣からはこの試合でも点はとれず。
西岡、ベニー、YF(K)で何とか勝った。

とにかく、第二ステージ第5戦から9連勝でシーズンを終了。
お疲れ様でした。
優勝パレードもあるし、ドラフトもあるけど、とりあえず今年は終了。

アマゾンで注文したDVD、そろそろ来ないかな。
(余韻は続く)
【試合内容】
posted by まーぶー at 22:40| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 2005千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。