2011年10月28日

このドラフトはチーム再建のきっかけになるか?

珍しくいいマリーンズにとってドラフトだった。
即戦力トップクラスの投手を獲得したのは何年ぶりだろう?
もちろん藤岡が期待どおりの成績を残せるかどうかは別の話だが、指名されてうれし涙まで流してくれるのだから、素晴らしい選手だ。
2位以下も中後、鈴木、益田と、いずれも大学生。
しかも指名が4名で終了し、育成もゼロ。
獲得した選手はいずれも質が高いらしいが、いずれにせよチームの再建は現有戦力の底上げ。
教育リーグでも負け試合ばかりのようだが、大丈夫だろうか?
外国人にしても、それほど大金をはたいて補強するとは思えないし。
せっかく藤岡というビッグネームが入ったことだし、これをきっかけに雰囲気がよくなってほしい。
なんといっても、この打てなさぶりはなんとかしないと。
一瞬いい思いをしたドラフトだったが、まだまだこれから。
posted by まーぶー at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。