2009年10月08日

2009シーズン終了

マリーンズが全日程を終了した。
62勝77敗5分(5位)。
見せ場のないシーズンだった。
開幕から出遅れていたとはいえ、一時は楽天にも肉薄したわけだから、盛り返すチャンスはあった。
しかし勢いはなかった。
最後までゴタゴタが続いて、球団批判の横断幕をやめるように説得した西岡までが非難される始末。
バレンタインラストシーズンを盛り上げようとせず、店じまいばかり考えていた球団にも問題はあるが、一部のファンも問題た。
彼らの一部は来年以降球場には来ないらしい。
どんなファンなんだろう?
まあ、選手個々もさえなかった。
シュンスケ、コバヒロ、清水3人で13勝。
成瀬が復活したし、小野も8勝とよく頑張ったが、唐川の5勝は物足りない。
大嶺は伸びたが、それ以外は若手でも目立った選手はいなかった。
投手王国なんて時代がなつかしい。
打者は井口はそこそこだったし、サブローはけががめだったとはいえ、22本塁打と自己最高のシーズン。
しかし、いかんせん外国人がさえなかったし、今江・西岡といった優勝シーズンに輝いていた選手たちが物足りなかった。
どこを見てもだめだめなシーズン。
これからクライマックスシリーズが始めるというのに、早く野球シーズンが終わってほしい感じ。
かくいう自分自身1試合ずつ結果を追うことをやめてしまったし。
来年の監督が西村というのが本当なのかどうかはわからないが、とにかく新たな刺激がほしい。
外国人の補強も重要なポイント。
ストーブリーグの始まりだ。
posted by まーぶー at 07:43| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 2009千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

フロントと対立した以上、応援をできなくなる気持ちもわからなくないです。
(私も以前、好きだったチームのゴタゴタで離れた人間なので…)
Posted by at 2009年10月08日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。