2009年04月04日

[2]集中打で逆転(対L○)

今期初めての録画追っかけ再生。
しかし、いきなりコバヒロが3点をとられてしまう。
せっかく先頭打者を西岡の好プレーでアウトにしたのに、2死からあっさり連打。
今年もコバヒロは厳しいなあ。
あんなにコントロールがアバウトなピッチャーだったっけ?
西武の先発が帆足ということで、かなり嫌な感じだったが、1点ずつ返していくところが、昨年とは違う感じ。
今日のハイライトは5回。
コバヒロが1点をとられて、なおも3塁という場面で小宮山が見事な火消し。
まだまだ健在ということか。
これでいいのかと疑問に感じるが、まあ仕方ない。
そしてその裏一気に連打で逆転。
こういう攻撃は本当に見ていて気持ちいい。
最終的には大勝だったが、川崎・荻野の調子が気になる。
西武が谷中を続投させたので、追加点がとれたわけだが、勝ちパターンの投手をつぎ込まれていたら、終盤もっともつれた感じがする。
とにかく1勝できてよかった。
オープン戦であれだけ不調だったサブローや早川も結構打ってるし。
明日の小野というのはかなり心配だが、まあ好投すればもうけものという感覚でいいんだろうな。
とにかく、今シーズンのスタートを実感。


2回戦(1勝1敗、14時、千葉、26819人) 
西 武300010010−5
ロッテ01104103×−10
(西)帆足、許銘傑、星野、谷中−細川
(ロ)小林宏、小宮山、伊藤、シコースキー、川崎、荻野−里崎
(勝)小宮山1試合1勝
(敗)帆足1試合1敗
(西)G.G.佐藤1号ソロ(8回、川崎)
(ロ)今江1号3ラン(8回、谷中)

ロッテは2−4の五回に5連打で一気に逆転。1点差とした後に西岡の2点二塁打でひっくり返し、続く井口が2打席連続となる適時打を放った。八回には今江が3ラン。好救援の小宮山が勝利投手。西武は帆足が踏ん張れなかった。
posted by まーぶー at 20:59| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2009千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福浦はいいスイングだった
Posted by 山さん at 2009年04月05日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116786248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。