2009年02月18日

ウェールズ快勝(6ネイションズ)

[フランス 22−13 スコットランド]サン・ドニ
[ウェールズ 23−15 イングランド]カーディフ
[イタリア 9−38 アイルランド] ローマ

節の目玉はウェールズ対イングランド。
前半はウェールズが地域で圧倒していたし、イングランドにシンビンの時間があったのに、トライなしで3PGのウェールズに対して、イングランドはキック一本のトライとDGで1点差。
しかし後半になると、早い段階でウェールズがトライとPGで突き放した。
今回はシンビンもしっかり活かした。
その後またしてもイングランドがあっさりとトライをあげ、一瞬緊張感が走ったが、直後の比較的簡単なPGを外して試合は決まった。
録画を見たのがゴルフに出る直前の慌ただしい中だったということもあるんだろうが、点差ほど緊迫した感じはなかった。
トライもあっさりしたものだったし。
これでウェールズは今年も優勝争いの中心にきた感じ。
残りの2試合はフランスとアイルランドが順当勝ち。
とはいえ、フランスはスコットランドに辛勝って感じだけど。
6ネイションズは毎週末に3試合あり、一応全試合録画するが、すべてを見るのは難しい。
日本選手権の時期でもあるし。
まあ贅沢な悩みだな。
posted by まーぶー at 13:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。