2008年08月30日

[118]サブローが輝いた日(対E○)

久々に録画追っかけ再生のつもりで再生ボタンを押す。
そこに映っているのはオリックス対日本ハムの試合。
予約を間違えてしまったらしい。
その時点から携帯メールでおさらいし、ライブ映像に。
2−4で負けていたので、その部分見なくてすんだのはラッキーだったかも。
成瀬はオリンピックでいいピッチングをしていたのに、リーグ戦にもどるといまひとつ。
コントロールが安定しないし、高めに浮く球が多い。
ちょうど見始めた回にサブローが満塁ホームラン。
こういう展開は珍しい。
成瀬が作った満塁のピンチを小宮山が切り抜け、その後もシコースキー、川崎が仕事をしたので、これでいけると思いきや、荻野がセギノールに同点ホームラン。
セギノールとの相性は相変わらず悪いなあ。
復帰したズレータの調子を見ていると、機動的に補強できるチームが羨ましい。
延長に入って、サブローのあたりをリックがグラブにあてて落とし、その後の決勝点は盗塁での悪送球の間に入ったので、まあ勝たせてもらった感じ。
まあ今日はサブローがいい働きをしたということなんだろう。
成瀬に勝ちがつかなかったのは残念だが、あのピッチングでは仕方ない。
明日は問題のコバヒロ。
相手の片山はすっきり打てそうにはない。
あまり期待しないようにしよう。


(ロッテ12勝7敗、Kスタ宮城、14:00、19971人)
M0 1 0 1 0 4 0 0 0 2=8
E1 0 2 0 1 0 0 0 2 0=6
(延長十回)
M:成瀬、小宮山、シコースキー、川崎、荻野−里崎
E:田中、佐竹、小山、川岸−嶋
(勝)荻野43試合5勝4敗20S
(敗)川岸39試合2勝3敗3S
M:大松20号ソロ(2回、田中)、サブロー3号満塁(6回、田中)
E:セギノール3号ソロ(5回、成瀬)、4号2ラン(9回、荻野)

☆2−4の六回にサブローの満塁本塁打で逆転。抑えの荻野が打たれて延長にもつれたが、十回に一、三塁からの二盗が捕手の悪送球を誘って勝ち越し、早川の三塁打でさらに加点した
☆楽天は3連敗で、今季最多の借金12

posted by まーぶー at 23:57| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいブログだね♪
また来ます☆
応援ポチッ!!
Posted by こなつ at 2008年08月31日 01:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。