2008年07月29日

[100]コバヒロ復調(対E○)

7時から飲む予定があったので、初回だけヤフー動画。
コバヒロはストレートも走っていたし、フォークも効果的。
まだ少しバランスが悪くて力強さは足りない気はするけど、一時のスランプは脱した気がする。
打線は福浦があっさりタイムリーを放ち、新人左腕をあっさり打てそうな予感。
しかし、飲み中に見た携帯速報では、同点に追いつかれた上に追加点をあげることができない。
しかし、しばらくして見た速報には7−1となりすっかり安心。
楽天の不調に助けられた感じで、7月はホント楽天様様。
シーズン当初は楽天打線の怖さに正直やりにくさを感じていたが、最近はそれほどでもない。
とはいえ、セギノールも加入するし、まだまだ要注意か。
丁度100試合を終えたところで借金4。
借金が10以上あった状態からはだいぶよくなったと思う。
とはいえ、完璧という状態には絶対にならないのが今年のマリーンズ。
成瀬、里崎、西岡が抜ける8月は、コバヒロ、橋本、根元には大きな期待がかかる。
そうした意味でも今日のコバヒロの勝利は大きい。
とりあえず、しばし休息。

(ロッテ10勝6敗、千葉、18:15、23109人)
E0 0 1 0 0 0 1 0 0=2
M1 0 0 6 0 0 1 0 X=8
E:長谷部、永井、佐竹−伊志嶺
M:小林宏、川崎、伊藤−里崎
(勝)小林宏17試合3勝9敗
(敗)長谷部6試合3敗
E:山崎武14号ソロ(7回、小林宏)

☆1−1の四回二死満塁から竹原が走者一掃の右中間二塁打を放つなど一挙6点を奪った
☆小林宏は球を低めに集め、7回2失点で約2カ月ぶりの3勝目
☆楽天は長谷部が制球難から崩れ、借金が今季初の2けたとなる10

posted by まーぶー at 23:58| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見しました。

コメント残させていただきます。

また訪問させていただきますね。

不適切なコメントでしたらお手数ですが削除お願いします。
Posted by HIDE at 2008年08月01日 05:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103855213

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。