2010年06月04日

驚きの対G大勝

びっくりしたなあ。
水曜日会社の端末で1球速報を見ていると、どんどんマリーンズに点が入っていく。
ここ数年苦手にしていたはずなのに。
ホームでは滅法強いとはいえ、こんなにあっさり大勝できるとは。
何せジャイアンツの完封負けは今シーズン初めてらしいし。
これでこの交流戦の対G4連敗はなくなったと安心して、翌日都心に飲みに行く途中に携帯でチェックすると、同点からみるみる点差がついていく。
結局G相手に連日の大勝。
日本一になった時にはこんな勝ち方もあったかもしれないが、それ以来か。
だんだん今年のチームは強いのではないかという気がしてきた。
まあ実際には相変わらず先発投手が足りないので、余裕はないんだろうが。
お次は苦手な名古屋ドーム。
そしてそのあとの神宮はいよいよ今シーズン初観戦か。
どこまでこの好調は続くんだろう。
posted by まーぶー at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

久々の観戦で連敗脱出

名古屋では痛い連敗。
初戦は4−1から追いつかれ、挙句にサヨナラ負け。
薮田は打球を手に受けた影響が残っているのだろうか?
翌日は吉見が打たれてしまったが、最後は追い上げるも及ばず。
吉見はどのチームでも抑えられるというわけではないようだ。
ところ変わって日曜日から神宮。
しかし、これまた逆転負けで3連敗。
そして迎えた今日は今シーズン初観戦。
昨年観戦0だから、超久々の観戦。
マーフィー、村中ともにいい投球を見せ、マリーンズが先制するも、スワローズが逆転。
6回表はマリーンズが3〜5番が連続三振。
6回裏のマーフィーはアップアップで先頭打者に打たれたが、ここでゲッツー。
そしてドラマは7回表。
1死後、里崎が粘って四球。
絶対バントと思った南が強行して三遊間。
ここでマーフィーの代打に誰が出てくるのかと思いきや青野。
今シーズンノーヒットの青野が見事センター前で満塁。
ここで西岡が浅い外野フライを打つといやだなと思っていると、外野にギリギリ届かないポテンヒット。
今江がセンター前ヒットでつなぐと、井口のあたりはボテボテの内野安打。
明らかにマリーンズにつきがある。
そしてキム。
フルカウントに持ち込むと、増渕はまっすぐを投げるしかなく、満塁ホームラン。
その後もサブローがホームラン。
ムニスの2塁打のあとで、里崎がホームラン。
南が再びレフト前に落として10打者連続安打の日本新記録。
いやあ、すごいものを見てしまった。
6回まで2安打だったので、マリーンズクウォリティーを見せつけられた感もあったが、終わってみれば今年のマリーンズはやはり違う。
納得の今シーズン初観戦となった。
posted by まーぶー at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

とりえず交流戦終了

カープ、タイガースとの対戦で交流戦終了。
どちらもマリンなので、5分は固いと思ったが、終わってみれば、1勝2敗1分け。
それも内容はかなり悪い。
カープの初戦は前田にあと少しで完封というところを同点に持ち込んだんだからまあいい。
翌日は逆転し、2点差の9回にコバヒロが追いつかれてしまう。
コバヒロもここまで完璧だったから、まあ仕方ない。
タイガースには、まず久保にやられてしまう。
いまさら久保のトレードのことを言っても仕方ないが、もったいないなあ。
吉見はまたしても駄目だった。
そして日曜日は5点差を追いつかれてしまった。
しかもコバヒロが2点差を追いつかれるというのはカープ戦と同じ。
短期間に同じミスをおかすというのは致命的で、今後に不安。
最後は井口のサヨナラホームランで、最悪の結果はまぬかれたが、実際のところチーム状態は悪く、青息吐息。
なんとか終わって良かった。
パはオリックス、楽天、日ハムと交流戦前に調子の悪かったチームが、交流戦で息を吹き返しつつある。
西武とソフトバンクは好調を維持しているので、マリーンズには不安要素がいっぱい。
打つ方は比較的ましなのかもしれないが、キムが交流戦のように打ち続けられるかは疑問。
西岡に疲れが見えるのも不安。
一方投手陣はかなり苦しい。
先発投手陣は足りてないし、中継ぎから抑えもコマ不足。
とりあえず4日休んで楽天戦から始まる後半戦。
先週の入れ替えなんかあるのか、そのあたりから期待しよう。
posted by まーぶー at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

再開リーグ戦は楽天相手にアップアップ

ようやく再開したリーグ戦。
交流戦後半にコバヒロの救援失敗があって、かなり雰囲気が悪く、先発投手陣は相変わらず足りない。
しかし問題は打つ方だった。
機能は岩隈を打てず、あっさり完封負け。
ノーヒットで抑えながら、いきなり先制ホームランを打たれる成瀬もしょうがないが、あの程度の岩隈を打てないようでは心配。
そして今日も7回までゼロ。
マーフィーが押し出しで先制を許しつつ、7回を1失点。
このピッチャー本当によくわからない。
相手チームもそう思ってるんだろうな。
何とか8回に逆転したが、コバヒロの投球は今日も不安定。
今後にかなり不安を残す2試合だった。
当面こんな試合が続くんだろうな。
正直雨でたくさん流れて欲しい感じ。
posted by まーぶー at 23:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ジャパンがサモアに快勝

久々にラグビーを見た。
どうも最近は早送りとはいえども、ラグビーを1試合見るのがしんどい。
シックスネーションズやトライネーションズさえ、しっかりチェックできない。
昨日は2試合も見た。
まずはオーストラリア対イングランド。
イングランドがオーストラリアに遠征しているようだが、残念ながらほとんど選手がわからない。
ウィルキンソンが途中から出て来たのが、一番しっくりくる選手かもしれない。
オーストラリアでやっている割にはイングランドが優勢。
やはり強力FWは健在か。
テストマッチにしてはかなりトライが多かったが、21対20というスコアに影響を与えたのはPG。
何せオーストラリアのキッカーが連続して外し、正面も外してしまった。
ウィルキンソンもあまり精度はよくなかったが、キッカーが不調だと勝敗に直結してしまう。
何れにせよイングランドの出来の良さが目立った。

お次はジャパン。
パシフィックネーションズカップが行われているが、この大会はジャパンにとって格上のチームばかり。
先週はフィジーにしっかりやられていたので、サモア戦もあまり期待していなかったが、前半からトライを量産。
キックの使い方に危なっかしさがあったが、前半はいい出来だった。
ジャパンは前半同点か僅差のリードで後半にやられるパターンが大きが、昨日は前半のリードが大きかった。
しかし後半のロスタイムがやたらと長く、その間押しまくられていて、スタミナのなさは相変わらず。
31−23で、後半はノートライだったが、サモアから11年ぶりに勝利したんだから、それだけで十分。
トンガ戦も期待したい。
posted by まーぶー at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。