2008年10月01日

[142]あっけない幕切れ(対L●)

期待はしていたのだが、大手町の飲み屋で見た速報は2回でいきなり1−7。
今年のシュンスケと西武の相性を考えると、大誤算。
なんとか追い上げはしたようだが及ばず。
まあ、一時は最下位独走かと思われたところからはよくいったと思うが。
今年はこれが限界だったということ。
午後には戦力外通告もあった。
柳田はようやく野手に転向したばかりなのに、いきなりクビ?
末永だって期待していたのに。
高卒3年目の選手がクビになってしまうような球団でいいのかな?
これなら進学したり社会人に行って見極めてから入団した方がいいだろうに。
FAも含めてまだまだ混迷は続きそう。

【試合内容(C71勝70敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

[143]久保は頑張ったのか(対E○)

消化試合は2試合。
何やら2軍のようなメンバーで戦っていた。
久保が1失点だし、被安打2ということは好投したのか?
球数は多くて、あまり評価はよくないみたいだ。
まあ、ここで1試合好投したからどうというもんでもないんだろう。
来年が勝負。
さて、あと1試合。
小野が先発ってのも、いかがなもんかな?

【試合内容(C72勝70敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

[144]今年も終了(対E○)

小野が勝ち投手になって、今年も全日程終了。
73勝70敗1引き分けで4位。
0.5差でCS進出を逃したのは、2年前と同じ。
最下位独走から良く盛り返したと言えるが、すべて楽天さんのおかげ。
途中までほぼ互角で戦っていたところから、9つの貯金。
これを他球団との対戦で減らしたのだから、楽天をたたいてCS争いをしたというのが実感。
まあ、とにかく終わった。
大量のFA資格者を抱えているらしいし、外国人もどうなるのかわからん。
そうはいっても来年のことはよくわからん。
出来上がった戦力でベストのプレーをしてくれればいい。
一人ひとりが来期に向けてステップアップしてほしい。
とにかく1年間お疲れ様。
ありがとう。



【試合内容(C73勝70敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

王監督の退任と清原の引退

昨日でパリーグの全日程が終了した。
マリーンズの試合が数日前に終っていたので、すでに関心はあまりない状態だったが、王監督の最終試合ということで、かなり注目を集めていた。
偉大な世界のホームラン王ということ、そして人柄がいいということで、注目を集めるんだろう。
でも、監督としての力量はたいしたことはなかったというのが実感。
ホークスの場合、フロントのバックアップが強く、選手の獲得には不自由しなかっただろうし。
でも、巨人の枠を超えてパリーグに来たこと自体は立派だといえる。
清原にしても同じことが言える。
彼の場合は、あれだけの才能がありながらタイトルに手が届かなかった。
自身にしっかりしてバッティング理論があるのか、指導能力があるのか、といった点からすると、指導者としての活躍は疑問。
でも、きっといずれどこからか監督という声がかかるんだろうな。
それだけの人気はあるから。
いずれにせよ、オリックスで頑張ろうとした点は評価できるし、結果は残せなかったが、いい選手生活の終え方だったろう。
問題はこれからのパ・リーグそしてプロ野球。
こうした客を引き付ける人材が抜けた後にどうなるのか。
とはいえ、オリックスにおける清原効果は一時的なもんだし、王監督のホークスでの役割はすでに終えたのかもしれない。
そう考えると、来年のパ・リーグはさらに新鮮かな。
野村さんだけが、過去の遺物みたいだけど、ここが一番注目を集めたりする。
何事もバランスが大切。
posted by まーぶー at 12:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

オリックス残念((CS第一ステージ)

マリーンズが出ない以上、クライマックスシリーズはあまり興味はないんだが。
一応パリーグを愛する者としては、少しは気になるし、応援するとすればオリックスだと思っていた。
今年もBクラスは間違いないと思いきや、若手投手陣が見事に成長し、ローズ・カブレラのロートルとうまくかみ合い、大石が監督になってからは驚異的な強さ。
合併球団と揶揄され、下位に低迷してきたチームがここまで来たのは立派なもの。
しかし、このシリーズは散々。
ハムに連敗で終了。
まあ、このチームのピークは8月から9月だったので、今どうかという問題もあるが。
ハムがローズ・カブレラをきっちりマークして、堅い野球をするとオリックスには辛いか。
2連敗やその野球の中身も残念だが、京セラドームの客の入りはもっと残念。
仮に清原が出場していたらもっと観客は入ったんだろうが、そういう問題じゃないし。
来年の観客動員はもっと厳しいなあ。
ハムはあっさり第二ステージに進出。
ダルビッシュという絶対的なエースがいるだけに、十分に戦える。
まあ、そうはいっても西武投手陣がきっちり投げれば、ハムはもともと打てないチームなので、1勝のアドバンテージのある西武の優勢は動かない。
問題は大宮開幕。
こちらも客の入りが心配。
posted by まーぶー at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

育成の状況をオープンに!

これからパリーグはCS第二ステージ、セリーグはようやくCSが始まり、その後に日本シリーズとなるわけだが、こんなに関心のないポストシーズンも珍しい。
その代わりといってはなんだが、マリーンズ選手に関するFAの話は連日のように出てくる。
まあ、セリーグ球団からみて「欲しい」というレベルのものなので、報道レベルには値しないのかもしれないが、一抹の不安もある。
もちろん球団にマネー戦争への参入など期待していないのだが、気持ちだけで引き止められるほど甘くはない。
去年の薮田・コバマサで懲りたと思うんだけど。
ただ、色んな状況を考えると、FA有資格者全員に残ってもらうことは難しそうだ。
決してマリーンズに魅力がないわけではないんだろうけど、これが現実。
特定球団の繁栄だけが優先される現行制度にも問題はあるが、それも後戻りはできない。
ある程度の年数がたてば選手は巣立って行くことを前提とした育成体制を確立していくことが重要なんだろう。
「育成」という、およそマリーンズが最も苦手とする分野。
毎年のようにドラフトで大量の若手選手を指名し、いつの間にか自由契約。
秋季キャンプやウインターリーグなんて本当に役に立っているんだろうか?
何せこのあたりは情報がオープンにならないからよくわからない。
どの選手がどの試合に出て、誰と対戦して、結果がどうだったのか。
でも、これだけ情報があふれる時代、ファームの選手の情報ももっと広報された方が、戦車や育てる側へのプレッシャーにもなるんじゃないのか。
きっと、プロ野球って、まだまだやることがあるんだろうな。
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

タイガース頑張れ!

パのCS第二ステージは西武が大勝し、ハムはかなり厳しくなってきた。
ここでダルビッシュがよぼどの快投をしないと、逆転は絶望的。
セはようやく阪神対中日の第1ステージが始まる。
優勝は確実と思われた阪神がまさかの第一ステージ。
昨年はあっさり中日に連敗しただけでなく、2005年の日本シリーズもマリーンズに4連敗と、岡田監督のポストシーズンは散々らしい。
今年の中日も3位とはいえ、手強い。
しかし、ここはタイガースに頑張ってもらいたい。
もともと関西出身ながら、タイガースはあまり好きになれない。
今も、ジャイアンツ同様FA選手をかき集めようという姿勢は感心しない。
とはいえ、すでに退任を決めた岡田監督にはここ数ヶ月の苦しみを喜びにかえてほしい気持ちもある。
奇跡の逆転優勝などといっているが、藤川・新井の抜けた阪神は金本を始めとしたロートル軍団が引っ張るチームで、大幅な戦力ダウンは避けられず、決してこの結果は奇跡というほどのものではない。
それでも対ジャイアンツだけはどんな状況でも実力以上のものを出してきたのがタイガース。
ここはすでに圧倒的不利といわれる状況から、普段のタイガースの力を見せてほしい。
とはいえ、ライオンズ対ジャイアンツの日本シリーズはすでに見えてきた感はあるが。
posted by まーぶー at 09:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

岡田阪神の終わり

タイガースがCS第一ステージで散ってしまった。
このCSはタイガースを応援しようと思ったが、シーズン終盤からの貧打はどうしようもなかった。
第1戦で完封負けしても、第2戦で打ち勝ち、なんとか期待を持たせた第3戦も完封負け。
8回まで1安打の岩田を下ろして9回に投入した藤川がウッズに2ランを打たれて終了。
これで岡田監督も終わった。
あまりタイガースの試合は見ていないので、なんとも言えないが、最近酷評されているほど酷い監督じゃないと思うんだけどな。
お疲れ様でした。
さて、ドラゴンズは第二ステージでどんな戦いをするんだろう。
まあ、ここはジャイアンツの優位は動かないだろうな。
むしろパの方が分からなくなってきた感じ。
posted by まーぶー at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

Qちゃん引退

昨日からネットあたりで情報は見ていたが、会見の様子は今日の新聞やテレビでようやく見た。
北京の予選となった名古屋のレースを見れば、力が落ちたことは否めないが、やはり残念。
一度世界のトップに立ったアスリートというのは難しいな。
自分も周囲も納得させるレースをしないといけないんだから。
彼女は誰からも愛されるキャラクターだから、今後はいくらでも進む道はあるんだろう。
走ることの楽しさを伝えたいようなことを語っていたが、今やどこにでも市民ランナーがいる時代。
それよりも、世界の第一線で戦った経験を若い世代に伝えて欲しい。
陸連にしても競技者団体のトップは官僚のような人たちばかりの印象。
有森にせよ、女子で上に行った選手の経験って生かされてないよな。
いずれにせよ、お疲れ様でした。
posted by まーぶー at 10:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

投手ばっかりのドラフト

今年もドラフト会議が終了。
久々に分離ドラフトではなく、逆指名なんておかしな制度もなく、スッキリしたドラフト。
予想では特定選手に指名が集中するような報道だったが、結構ばらけたのかな。
そんな中でマリーンズ。
相変わらずピッチャーばっかり。
こんなにピッチャーとってどうするんだろう?
2軍でも当番機会はなかなか来ないんじゃないか?
ちょっとケガでもすればすぐにクビになりそうだし。
1位の木村は2年前にロッテを希望して横浜の指名を蹴り、その後過去の現金授受問題で謹慎したいわくつきの選手。
都市対抗で日生相手に投げてるのをみたことがあるが、そんなにいい投手なのかなあ?
なんか心配。
そして2位は2年前に日ハムの指名を拒否した長野。
こんなの指名して大丈夫なのかなあ。
これで拒否されたら恥ずかしいということもあるが、結局巨人も指名しなかったということは、どう考えればいいのか?
まあ、心配しても仕方ないので、皆さん入団してくれることを願って、頑張ってもらいましょう。

【指名選手】
posted by まーぶー at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。