2008年07月01日

[76]清水よくやった(対E○)

今月は楽天戦が8試合。
今や勝ち越しは至難の業。
まず最初の試合は勝ちたいもの。
そのためにも清水の好投が大事。
事務所でいきなり見た携帯速報は1−0と幸先よし。
しばらくして1球速報を見ると2−0だが、1死満塁のピンチ。
半分諦め気分でヤフー動画にするとゲッツーで切り抜けたところ。
すると3回には2死1塁からチャンスを広げ、ベニー・サブローが連続タイムリーの場面を見、マリーンズらしからぬ野球にびっくり。
4回裏あたりの清水を見ていると、結構いいあたりをされていたが、最終的に2点に抑えたんだから、いい部分もあったんだろう。
清水よくやった。無四球も立派。
打線も5回に7点目をとってから音なしだったが、まあ勝ったからよし。
明日は大嶺で明後日はたぶん唐川。
たぶん楽天側は打てて当然と思っているだろうから、意外とうまくいくかも。
まあ負けてもともとの最下位。
気楽に行こう。

【試合内容(E34勝44敗)】
posted by まーぶー at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

[77]大嶺は十分いける(対E●)

大嶺の先発はかなり楽しみだった。
まあ好投してもしなくても将来性を見てみたい。
携帯速報のメールは大嶺の順調さを伝える。
同時にマリーンズも片山を打てないが。
家には早く着いたので、しばらくCSを見た後で、食事のため録画し追っかけ再生。
6回までの大嶺のピッチングはこれまでに見たようなものとは違い、かなりコントロールもいい。
7回には打たれてしまったが、まあ当然というところか。
結構不運なあたりがあったので、なんとかなりそうな気もするが、長いイニングを投げきるにはまだまだか。
それでも7回までゲームを作ったんだから立派。
他のベテラン投手よりは見ていて楽しみがある。
しかし、打つほうは3安打で片山に完封負け。
新人を打てないのは今さらだけど、やはり今年の楽天には何かあるということなんだろう。
まあ、さっぱり忘れよう。

【試合内容(E33勝44敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

[78]唐川再スタート(対E○)

人間ドックのあとは家にいたので、スタートからCS観戦。
バント失敗からとはいえ、根元の3塁打をからめて初回に2点先取。
かなりドミンゴを打ちあぐねていたので、この先制点はきいた。
根元は3点目のタイムリーも打ったわけで、さすがは東北福祉大出身。
唐川はコントロールにばらつきがあったが、ストレートのきれはもどっている感じ。
その後は録画追っかけ再生。
唐川は球数の多いのは気になったが、よく投げたと思う。
これからも勝ったり負けたりだろうが、これくらい投げてくれればいい。
正直8回の久保は絶対に追いつかれると思ったが、よく抑えた。
まあ、抑えた実感はないが。
そして、荻野は3人でピシャリ。
楽天に勝ち越したことをこんなに喜んでいいのかという問題はあるのだが、最下位なんだから仕方がない。
明日からもこんな調子かなあ。
成瀬で勝てるような気がしないし。
まあ、一歩ずつ前進。

【試合内容(E34勝44敗)】
posted by まーぶー at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

[79]成瀬冷や冷やも大勝(対H○)

事務所で仕事をしながらヤフー動画をつけると、いきなり初回無死1・2塁のピンチ。
ここは1死満塁からゲッツーで切り抜けたが、成瀬はやはり不安。
相変わらず変化球のコントロールが定まらない。
その裏川崎のエラーを起点にサブロー・ベニーの連続2ベース。
2死からタイムリーが出たのは大きい。
3−1の状態で事務所を出たので、成瀬の出来からして不安だったが、何回目かの速報で8−1。
不調のホークスが相手ということもあり、勝利を確信。
どうやら大松の代打満塁ホームラン。
左腕から打ったというところに価値があり、やはりこの男は常時試合に出てほしい。
前回うてそうな気がしなかった大隣をしっかりKOしたのは、今後にも大きいな。
成瀬は悪いなりにも1点に抑えたんだから、まあいいでしょう。
彼には絶対的なエースとしての役割を期待したいんだが。
明日もまだまだ「やられた」感のある大場。
シュンスケが松中をしっかり封じれば、マリーンズペースで行くことは十分可能な試合。
たまには連勝続いてほしいな。

【試合内容(E35勝44敗)】
posted by まーぶー at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[80]大松の時代が来たか(対H○)

今日は家でのんびりしていたので、ほぼ試合開始からCS観戦。
打線は大場が打てそうで打てない。
特に初回は1死満塁まで攻めたものの、大松・サブローが連続三振と、アウトすべてが三振。
こうなると、早打ちになる危険性がある。
シュンスケは初回は順調だったが、3本のホームランを浴び6失点。
1本目のホームランしか映像は見ていないが、キーマンの松中に打たれてしまったのでは厳しい。
まだまだホークス戦に投げることはあるのだから、松中を中心にどうしていくか考え直さないと。
5回表で1−6だから、本来なら完全な負け試合だが、そこは連敗中のホークス。この点差から逆転されることはマリーンズの得意技だが、今はホークスがその状態だろう。
5回にベニーの打球をライト・センターがお見合いして2得点。
6回には2死1・2塁里崎というところで、夕食にして見るのをやめてしまったが、その後に大逆転。
前の3打席で結果を出せなかった大松が仕事をしたらしい。
そして次の7回にはとどめの3ラン。
これはCSで見ていたが、やはりホームラン打者の打球は違う。
このバッターを相手の先発が左だからといって引っ込めるのはもったいない。
今日も昨日の満塁ホームランも左からで、明日の和田に対してもしっかり使ってほしい。
明日といえば、先発はコバヒロ。
もう崖っぷち状態だが、ホークスも連敗脱出に向けて「打てる!」と前のめりになっているだろうから、うまくかわせばホークス側にあせりが出てくるかも。
今日は松本がプロ初勝利。
ヒットは打たれていながら無失点が続くラッキーボーイ。
初お立ち台でもハッスルしていたし、こうした選手の活躍は見ていて楽しい。
さあまた連勝を1つでも伸ばそう。

【試合内容(D36勝44敗)】
posted by まーぶー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

[81]惜しいではすまない(対H●)

今日ってナイターだとばかり思っていたらデーゲーム。
図書館で携帯メールがたまっていたので順次見ていくと、コバヒロが先制され、追いついて差を広げられる展開にもかかわらず、打線は逆転。
やはりホークスの不調が大きいようだった。
しかしその後受け取った携帯メールでは追いつかれ、そして携帯HPを見ると9回に逆転されている。
やはりリリーフ投手陣が毎日きちんと仕事するのは難しいようだ。
家に着くと9回裏の攻撃。
福浦の2塁打で1点差に迫り、2死満塁までいきながら追いつけず。
ホークスがアップアップだっただけに、このチャンスをものにできなかったのは正直残念。
これが実力といえばそれまでだし、惜しかったと考えるのが妥当なんだろうが、それにしてももったいない。
やっぱり惜しいなあ。

【試合内容(E36勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

[82]清水が投げ、大松が打つ(対F○)

ソフトバンク戦がいい感じだったマリーンズだが、ハムにはいつも接戦でやられているだけに、ここは嫌な2連戦。
スウィーニーなんて、マリーンズ相手にしか好投しない投手だし。
仕事帰りに最初に届いた携帯メールは、いきなり清水がハムに2点の先制を許している。
相変わらず清水は駄目かとガッカリしていたが、2回以降は毎回三者凡退に打ち取っていく。
2回の裏には意外にも早川が同点2ラン。
たまには仕事してもらわないと。
その後は緊迫した投手戦のようで、携帯メールが届くたびにドキドキしたが、ついに6回勝ち越し。
最近すっかり勝負強さを増した大松の3ラン。
今日の清水にはこれで十分だったようで、危なげなく完投。
ホームラン2本のみの得点で、追加点が満足にとれない打線には若干問題はあるようだが、今日はいいんでしょう。
明日は大嶺。
しっかり援護してもらいましょう。

【試合内容(E37勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

[83]大嶺あと一歩 (対F○)

2連戦は2連勝と1勝1敗では大違い。
千葉マリン初先発の大嶺ということもあり、期待も大きい。
とはいえ今日は飲みなので、携帯速報が頼り。
そして速報は大嶺の好投を伝えてくる。
4回にはマリーンズが先制し2対0。
5回まで無失点の大嶺の初勝利に期待したが、6回の速報は7対3。
大嶺は連続四球で降板したが、5回2/3で111球じゃしょうがない。
結局伊藤が打たれて2対3と逆転を許し、大嶺のプロ初白星はお預け。
しかし、その裏に打線がつながりあっさり逆転。
松本が打たれたりして詰め寄られるが、川崎から荻野で逃げ切り。
この2連戦での2連勝は大きい。
大嶺に勝ちがつかないのは残念だが、今のピッチングが続けば必ず勝ちは転がりこんでくる。
2試合続けて序盤を0に抑えたのは立派。
打線の好調も頼もしいが、次は田中・岩隈が出てくる楽天戦。
また大松に爆発してほしい。

【試合内容(E38勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

[84]唐川で投げ勝つ(対E○)

まあ楽天の先発が今季は初先発の青山ということで、結構楽に勝てるような気がしていたが、携帯速報はいつまでたっても0−0。
唐川はランナーを出しても踏ん張っているのだが、マリーンズ打線も打てない。
そんな状態が7回まで続いたところで、8回の攻撃がやたらと時間がかかった。
恐る恐る開けてみると、1−0で先制。
実際のところ、マリーンズの得点が右に書かれていたので、てっきり先制されたかと思った。
唐川は8回途中100球でおりたが、まあ妥当だろう。
相変わらず無四球というところが凄い。
今日は川崎・荻野が仕事をして逃げ切り。
この3連戦先にとったのは大きい。
また5位にあがったようだ。
だいぶ借金も減ってきた。
明日は成瀬。
田中にしっかり投げ勝ってほしい。

【試合内容(D39勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

[85]連勝で40勝到達(対E○)

久々の録画追っかけ再生。
というのを期待していたが、テレビの操作を誤り、いきなり結果が。
まあ勝ったからいいんだけど、ちょっと興ざめ。
田中まーくんを打てるかどうか、かなり心配だったが、2回に面白いように点が入る。
ベニーの先制タイムリーも止めたバットだし、楽天が勝手にミスをしてくれるし。
成瀬は相変わらずの調子で、4回には3点をとれれて2点差まできてしまうが、その後は何とか抑えてくれた。
最終回の荻野は久々に1点とられたが、まあ勝てばいい。
完全に楽天に勝たせてもらったような試合だが、今のチームの勢いの差なんだろう。
とると明日。
相手は岩隈。
楽天ナインも勝てると踏んでいるだろうから、前半シュンスケがしっかり抑えて接戦に持ち込めば、相手が自滅する可能性がある。
一気に借金を返済して上の順位を目指すのもいいが、明日はダメもとで臨んでほしいもの。
面白くなってきた。

【試合内容(D40勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

[86]岩隈もKO(対E○)

バーベキューからもどって、ボーっとしつつ録画追っかけ再生。
2回の裏にシュンスケが先制されてしまうが、その後の無死2・3塁を0に抑えたあたりは立派。
一方の打線は好調とはいえ、やはり岩隈は打てない。
2から4回は何れも併殺。
特に3回は好調の根元なのに、崩されて投ゴロを打たされてしまった。
何となく完封されてしまいそうな中、7回に連打であっさり同点。
その後もチャンスを広げ、休みかと思っていた西岡が逆転のタイムリーで岩隈をKO。
すごいなあ、やればできるんだなあ。
その裏シュンスケが1点をとられたが、リリーフ陣も踏ん張り、9回にはダメを押して完勝。
シコースキーの調子がいいのも心強い。
これで4位に上がってしまった。
そうはいっても最下位まで1ゲーム。でも首位も7ゲームということで、元気が出てきたのは確か。
こうなると、どの相手が楽ということはなくて、1戦1戦大事に戦うしかない。
でも選手のモチベーションが上がっているようなので、期待は大きい。
あとはコバヒロだけだな。

【試合内容(C41勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

[87]福浦が決めた(対Bu○)

屋形船が6時出発ということで、携帯メールのチェック。
初回無死満塁から1点というのは不満だが、懸案のコバヒロはしっかり0を重ねている。
3回にも犠牲フライで2−0の状態が長く続き、コバヒロ復活を予感させる。
しかし、屋形船下船後の店では8回に同点とされたことを知る。
どうやらベニーの相当まずい守備があったらしい。
9回からは携帯サイトにアクセスしながらもんじゃ焼きを食べていたが、最後は福浦がしっかり決めてくれた。
その表の1死3塁のピンチをシコースキーが抑えたこともサヨナラ勝ちにつながったようだ。
好投したコバヒロに勝ちがつかなかったのは残念だが、ある程度の結果が残せたことは良かった。
今日も相変わらずまずい攻撃が多かったようだが、なんとか勝てている。
こうした状態はそうそう長く続くものではないが、6連勝というのは先発ローテーションが一巡したことになる。
清水から始まった連勝が清水で止まることのないよう、明日も清水で連勝を伸ばしてもらいたい。

【試合内容C42勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

[88]ひどい・・・・(対Bu○)

今日も携帯メールで試合を追う。
初回から時間がかかり、いきなり3−1。
なのに携帯メールは里崎が3ランのはずなのに2−1。
次のイニングはさらに時間がかかり、9−1。
こりゃ楽勝だろうと思っていたら、次は9−5。
今年の清水はいいんだか悪いんだか。
今年は大量リードを何度もひっくり返されているだけに、いやな予感がしながらスポーツクラブへ。
途中G戦中継の途中経過で出てきたものは9−8。
とても気が気じゃない。
運動後シャワーを浴びる前に今度は携帯HP。
8回表2死満塁をシコースキーが切り抜けたところだった。
そしてシャワーを浴びたところで9回表を携帯HPで確認。
最後はスポーツクラブを出たところでゲームセットを確認。
ただし、HPの表示は9回表に1点入っていて9−9になってたけど。
まあ、そんな誤表示はともかくとして、清水といい久保といいひどいもんだ。
しかもその後に出てきたのが小宮山。
その小宮山が抑えちゃうんだから不思議なものだが、全く今年のチームは訳がわからん。
7連勝なんていっても浮かれることはないだろうから、いい薬にはなるんだろうけど。
大松の満塁ホームランなんてかすんじゃったしな。
こんな試合のことはおいといて、とにかく明日は大嶺。
何とか大嶺に1勝をあげさせたい。
毎回大嶺がいいピッチングをするのは難しいかもしれないが、何が何でも打線に援護してほしい。

【試合内容(C43勝45敗)】
posted by まーぶー at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

[89]またも大嶺残念(対Bu●)

大嶺の初勝利を期待しつつ、今日は飲み屋で携帯メールをチェック。
いきなり大嶺がカブレラに2ランを許してしまう。
オリックスの先発がオルティズだったので、ある程度点はとれると踏んでいたが、ちっとも点差は縮まらない。
大嶺も5回まで2点だけに抑えていたんだから、まあ立派なものだと思うが、味方が点をとってやらないことにはどうしようもない。
5回裏に1点をとったことで期待をしたが、1−5となったところで、半分諦め状態。
9回に1点差まで行ったらしいが、まあ負けてしまえば同じ。
大嶺で連勝が止まってしまったのは嫌な感じだなあ。
チームとしても、明日からは西武戦で、しかも相手は帆足。
唐川も安定はしているが、やはり点をとってやらないと厳しい。
せっかく連勝してきたのに、すぐそのまま連敗してしまうのがこのチームの特徴。
まあ唐川には気楽に投げてほしいので、とりあえず明日は仕方ないかな。
問題はその次か。


【試合内容(C43勝46敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

[90]追い上げるも(対L●)

本日も飲みの合間の携帯チェック。
初回に2点を先制したのを見たときにはかなりいい気分だったが、2回の2−6で一気に沈む。
まあ、唐川に多くを期待してはいけない試合だとは思っていたが、1イニングで6点はきつい。
徐々に追いついていき、8回にはあと1歩というところまで追い詰めたようだが、逆転はかなわず。
まあ帆足を打てたことだけでも大きな収穫。
明日の成瀬に期待しよう。

【試合内容C(43勝47敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

[91]成瀬が散々(対L●)

久しぶりの録画追っかけ再生。
しかし、画面に見えるのはひどい状態の成瀬。
ストレートは悪くないが、相変わらず変化球がすっぽ抜ける。
2回にベニーの拙守もあって4失点。
正直これでこの試合は終わりかと思ったが、マリーンズ打線の調子も悪くはないらしく、逆転。
しかし6回で6−6から7回にまさかの7失点。
成瀬も限界だったが、その後のリリーフ陣も打たれたのが痛い。
今年のこれまでの成績を象徴するかのような展開。
実際のところ、成瀬に去年のようなピッチングを期待するのは難しいわけで、当然今日みたいな日もある。
切り替えて、次にかけてもうるしかない。
しかし、このまま明日もあっさり負けてしまうようだと、せっかく追い上げてきた今シーズンがやっぱりダメになってしまう。
明日はシュンスケがしっかり先発の役割を果たして流れを変えてほしい。

【試合内容(C43勝48敗)】
posted by まーぶー at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

[92]いいぞシュンスケ(対L○)

今日は休日だが、録画する気になれなかった。
やはり昨日の負け方がショックらしい。
外食のランチは1回で0−0。
しかし、2回に2点先取。
その後、家に帰ってCSをつけた段階では6−0で、ちょうど西口がマウンドをおりたところ。
しかし、その後もタイムリーが出て9−0。
次の5回には7連打が出て、あっという間の2桁得点。
おかげでその後は気持ちよく外出。
16−0というスコアが気持ちいい。
大勝というのは相手にとってもダメージを与えられないものではあるが、今のマリーンズには大事。
昨日の負け方でライオンズとの差を実感させられただけに、こうした勝ち方は大きい。
打線の陰にかくれているが、シュンスケが立派。
88球で完封というのが凄い。
ライオンズ打線が積極的に打ちにいくのを手玉にとったかたち。
でもコントロールも良かった。
すばらしい、やはりシュンスケがエースだ。
明日は休日というのに試合はないが、その後はビジターのドーム球場が続く。
なんとか5割で帰ってきてほしいな。

【試合内容(C44勝48敗)】
posted by まーぶー at 21:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

[93]コバヒロ報われず(対F●)

本日も宴会があり、携帯メールをチェック。
コバヒロがほどほどで抑えている中、打線はスウィーニーが打てない。
何とか1点差まで追い上げだが、きっちり継投で逃げ切られてしまった。
いかにもハム戦にありがちな展開。
本当は先制して競って勝ちたいんだが。
コバヒロは完投したのにまたも勝てなかった。
腐らず頑張れとしかいいようがない。
明日は清水で勝っておかないと、3連敗が見えてくる。
やばい。

【試合内容(C44勝49敗)】
posted by まーぶー at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

[94]今日は逃げ切った(対F○)

今日も軽く飲んでいたので、携帯メール。
なかなか点をとれないが、清水も点をやらない。
しかし、清水は何度もピンチを招いていて、読んでてヒヤヒヤ。
帰りの電車の中で先制のメールを見て喜ぶが、次のイニングで同点にされがっくり。
しかし、7回に突き放すと、辛くも継投で逃げ切り。
昨日とは逆のスコア。
ただし、昨日のハムが綺麗に継投したのと比べれば、やはりバタバタ感はある。
まあ、何にせよ勝ててよかった。
何せ明日は大嶺とダルビッシュという、ちょっと勝つことを想定するのは難しい状況。
とにかく大嶺がゲームをつくってくれることだけを期待したい。

【試合内容(C45勝49敗)】
posted by まーぶー at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

[95]大嶺北の大地で花開く(対F○)

大嶺対ダルビッシュということで、あまり期待しないまま携帯メールをチェック。
3回まで0−0と大嶺がダルビッシュと渡り合っているのが伝わってくる。
そして時間のかかった4回、あまり期待をせずにメールを開くと4−0でリード。
橋本がグランドスラムをやってのけた。
こうなると初勝利を期待してCS観戦をしたいところだったが、予定どおりスポーツクラブへ。
しかしここでBSの中継が流れていた。
こうなると体を鍛えるのか、野球を観るのか、どっちが目的かわからなくなる。
6回の裏は稲葉にタイムリーを打たれるも2点で切り抜ける大嶺に拍手。
7回何故か出てきて1死満塁のピンチを作った久保に怒り、小宮山が出てきたことに驚き、その小宮山がピンチを切り抜けたことに感謝。
8回の攻防も早川が執念で犠牲フライを放ち、裏ではファインプレーで切り抜け、トレッドミルの上でガッツポーズ。
試合終了と同時にトレーニングを終了し、大嶺が引き上げてくるナインとハイタッチする映像を確認しながら引き上げた。
本当に勝ててよかった。
唐川が活躍する中、出遅れ感の否めない大嶺だけに、ひとつ勝つことの意義は大きい。
もちろん、まだまだ完投するには程遠い内容とはいえ、ここからさらにステップアップしてほしい。
いやあ、最高の1日だ。
そして、明日は唐川。
前回のKOからすぐに修正しろというのは酷かもしれないが、唐川ならきっとできる。
そう期待したい。


【試合内容(C46勝49敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。