2008年01月02日

早稲田危うし

[慶大 34-27 明大] 国立
[帝京大 5-12 早大] 国立
大学選手権準決勝は久々に冷や冷や。
今年は関東学院が不祥事で出ない大会だが、ここ数年は決勝が同じカードであるとともに、準決勝までの早稲田は危なげなく勝ち残っていた。
それが一転このスコア。
まあラグビーというスポーツは接戦にもちこめばそのまま膠着することの多いスポーツではあるが、今日はまさにそんな展開。
五郎丸の欠場が大きかったのかもしれないが、バックス陣が思うように前に出られない展開は、対抗戦の頃と明らかに違う。
山中のプレーがやや単調になったのだろうか?
大学選手権になってからバックスが思うように動けていない。
今日は風のせいかミスが多かったし、反則も多かった。
試合を決めたトライというのはモールというのが、何やら不思議な感じ。
まあ何はともかく帝京大の健闘をたたえるべきなんだろう。

もう1試合は慶應が逃げ切った。
あくまでもFWにこだわる明治と展開する慶應。
両チームらしさが出ていて、応援している人は満足したかもしれないが、正直あそこまでFWにこだわる明治の戦い方は疑問。

ともかく決勝は早稲田と慶應の再選。
まあ、対抗戦のようなことはないだろう。
慶應の展開力は今なら早稲田より上のような気がするし、早稲田はFWの優位を活かしたい。
正直明治の方が単純で戦いやすいだろう。
そういう意味では意外といい決勝になるかもしれない。
posted by まーぶー at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

2008年スタート!

新しい年が始まった。
予想通りFA等で大量にリリーフ陣が流出した今年のマリーンズ。
外国人投手を2人獲得したとはいえ、実力は未知数。
やはりもっと未知数な若手が台頭しないとシーズンは戦えない。
一方打線は充実しそうな予感。
ベニーが急速に下降しない限り3人の外国人は充実、左の主軸が足りない気がするが、大松あたりがさらに大ブレークしたりして。
竹原、青野がどこまで伸びるか、今江が大復活するのか?
それとももっと驚く選手が出てくるか?
キャンプも国内。
落ち着いて、と言える環境かどうかはよくわからないが、とにかく新戦力がどんどん出てきて欲しい。
そんな夢と希望の持てる1年の初め。
まあ、他球団の補強はおいといて夢を見よう。
posted by まーぶー at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

今年の箱根駅伝は驚いた

早稲田出身者としては、正月は駅伝よりラグビー。
まあ成績から考えても順当なのだが、やはり競技の性格なんだろう。
駅伝は高校トップクラスの選手を毎年5人とれば、まず間違いなく優勝争うできるだろうが、ラグビーはそうはいかない。
実際そういう選手の集め方をしないところが早稲田のスポーツのいいところ。(時々逸脱するが)
今年も早稲田の駅伝は出雲の全日本もさえず、全く優勝候補とは縁がなかった。
それが往路優勝で、総合2位。
意外性というのはスポーツの楽しみの最たるものであり、正直この結果はうれしい。
ただ、9区までなまじトップに立ったので、ありえもしない優勝争いを演じるしかなく、引き立て役になったしまったが。
とはいえ、3チームも棄権したのだから駅伝は何があるかわからない。
それにしても最近の駅伝はこういうシーンが多い。
特に箱根は日本テレビがあおりすぎの感があるし、正月に他に盛り上がるイベントもないせいか、必要以上に注目を浴びる。
箱根で素晴らかったランナーがその後マラソンで大成することはまれで、これは本当にいい競技なんだろうか?
駅伝を見始めたのは丁度早稲田の櫛部が1区で大ブレーキを演じた頃から。
あれも永遠に語り継がれるんろう。
不思議なスポーツだ。
posted by まーぶー at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

神戸踏ん張った(トップリーグ第9節)

[ヤマハ発動機 28-31 神戸製鋼] ヤマハ

この試合は録画して見ようと思ったが、我慢できずに結果をみて後悔。
土壇場の逆転劇は早送りしても面白かったろうに。
神戸は7−28の劣勢から逆転。
後半のヤマハを0で抑えたディフェンスは素晴らしいし、終了間際に追いつき、逆転をするような勝負強さが出てきたのは期待できる。
来週のトヨタ戦はプレーオフをかけた大一番になりそう。

[NEC 24-40 トヨタ自動車] 秩父宮

神戸に初戦で負けて以来の連勝を続けていたNECだけに期待していたが、ちょっぴり小粒な印象。
ヤコのキックはいいが、FWにしろ、BKにしろ決定力には欠ける感じ。
NECは上位との対戦をかなり残しているだけに、これからかなり厳しい感じがする。
一方のトヨタはいい出来だった。
三洋戦の負けは痛かったが、今日の戦い方は、SOの正面がDGを2本決め、水野がスピードだけでなく、正確なPGを連発しており、廣瀬に頼らなくてもいい戦い。
そして極めつけはライダー。
これぞフィジーセブンスの走り。
フリーになったらとても止められそうにない。
来週の神戸戦は関西の雄を決する大一番になりそう。

[三菱重工相模原 15-39 リコー] 秩父宮
[九州電力 10-36 日本IBM] 博多球
[サントリー 55-26 サニックス] 秩父宮
[コカ・コーラウエスト 19-55 三洋電機] 博多球
[東芝 33-17 クボタ] 秩父宮

その他は順当。
サントリー、東芝もこのレベルの相手だと死角はない。
残り4節。
プレーオフに向けて目が離せない。
posted by まーぶー at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

早稲田ラグビー大学日本一

26[早稲田−慶應]6 国立

やはり早稲田の優位は動かなかった。
BKだけなら互角だったが、FWが違いすぎた。
慶應を見ていると、昔の早稲田のよう。
逆に言えば、FWでゴリゴリ押している早稲田は何か寂しい。
今日に限っていえば、準決勝で欠場していた五郎丸が出場していたのは大きかった。
関東学院が不祥事で欠場する中、早稲田が勝つべくして勝った大学選手権。
決勝で慶應がノートライだったのも力の差からいえば仕方ない。
このまま早稲田の独走が続くのか?
それはそれでつまらないかも。
とりあえず今期の大学ラグビーは終了。
あとはトップリーグだな。
posted by まーぶー at 22:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

神戸はプレーオフ争いから脱落(トップリーグ第10節)

[神戸製鋼 7-45 トヨタ自動車] ホムスタ

悲しすぎるほどの神戸の完敗。
ライバルトヨタとここまでの差がつくとは。
神戸もギリギリのプレーはしているが、トヨタの防御をなかなか崩せないのに対し、トヨタは度々のビッグゲイン。
しかも神戸が攻め込んでのパスを2度までも水野にインターセプトされてしまう。
正直かなりの力の差を感じた。
ベテランの多すぎるFWと、若手すぎるBK。
神戸はほぼプレーオフへの望みを絶たれたとともに、再建の困難さが際立った試合だった。

[NEC 8-19 サントリー] 柏の葉

白熱したいいゲームだった。
どちらもFWが強く、どう転んでもおかしくない攻防で、最後にNECにミスが出たが、やはりヤコの欠場が痛かったのか。
これでNECのプレーオフも厳しくなってきたが、そこは大物喰いのNECだけに三洋に勝てば可能性はあるだろう。


[日本IBM 8-45 東芝] 秩父宮
[リコー 6-10 コカ・コーラウエスト] 秩父宮
[ヤマハ発動機 96-0 三菱重工相模原] 長良川
[クボタ 17-33 サニックス] 花園
[三洋電機 52-7 九州電力] 花園

東芝、三洋は順当。
三菱重工は最近息切れ気味。モチベーションは大丈夫か?
大勝したヤマハは何とかプレーオフにもぐりこみたいところだが、三洋・サントリー、東芝と最後まで上位との対戦で、自ら大物に勝って勝ちあがるしかない。
いよいよ残り3節。
posted by まーぶー at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

NEC踏ん張る(トップリーグ第11節)

[NEC 33-21 東芝] 秩父宮

すごい試合だった。
前半は東芝が大きくリード。
それも、NECがやらなくてもいいようなトライを許した感じで、正直東芝の勝ちをほぼ確信。
しかし、後半シンビンから流れが変わってきた。
モールから押し込んだ上に、その後はセミシ・サウカワの個人技で逆転。
東芝はブレイクダウンの強さは相変わらずで、ターンオーバーを何度も見せるものの、サウカワにやられた上に、後半は決定力がなく得点をあげることができなかった。
立川も完全に復帰した中で、この逆転負けは東芝にとっていたい。
逆にNECは首の皮1枚つながった感じ。

[三洋電機 40-10 ヤマハ発動機] 太田

もう少し接戦を期待したが、現在の力の差がそのまま出た感じ。
三洋はBK陣に決定力があるし、トニーブラウンのキックも安定している。
ちょっと死角は見当たらない。

[三菱重工相模原 17-45 日本IBM] 秩父宮
[神戸製鋼 26-17 リコー] ホムスタ
[トヨタ自動車 53-24 コカ・コーラウエスト] 豊田
[サントリー 24-14 クボタ] 花園
[サニックス 5-13 九州電力] グローバル

それ以外は順当だが、サントリーが意外とクボタに苦戦している。
ここから先どこがプレーオフに残るのか?
NECは三洋に勝つしか道はないが、トヨタ、東芝、サントリーも決して安泰ではない。
ヤマハは今日の感じでは、トヨタ・サントリーを両方下すのは難しい。
いずれにせよ、あと2節。
posted by まーぶー at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

訃報2つ

人が亡くなるというのはもちろん悲しいものだが、
清水投手の奥様が32才でなくなったというニュースは何ともやりきれない。
数年前から闘病中とのことだったが、昨年の不調は本人もやりきれなかっただろうし、言い訳もできない。
ましてや、これから気持ちを入れ替えてやっていくのは並大抵のことではないだろう。
まだ小さい子供が二人もいればなおさら。
正直今年の清水の投げるところをみるのは辛くなってくるが、必ずや活躍してほしい。
そして加藤博一氏。
独特の打法だった。
阪神では目が出ず、大洋へ移籍してから足を活かして大活躍。
そして何よりもあの明るさ。
野球選手として超一流ではなくとも、色んな意味で影響を与えた選手だったと思う。
合掌。
posted by まーぶー at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

どうした東芝(トップリーグ第12節)

[トヨタ自動車 19-17 東芝] 花園

トヨタの見事な逆転勝ちだった。
久々にスタメンの廣瀬の出来はまずまず。
連続でPGを外したが、距離もあったのでやむなしか。
動きも悪くはなかった。
しかし正面がいないことそのものが大きい。
水野も欠場していたし。
前半からトヨタが押していたが、後半一瞬のスキをつかれて東芝に連続トライを浴びてしまう。
しかし直後廣瀬が欠場した後に、連続トライを返して逆転。
トヨタはこのメンバーで東芝に勝てたのは大きい。
そもそもトップリーグで東芝に勝ったのは初めてらしいが。
対する東芝は厳しい。
まあ4強には何とか入れるだろうが、その後の展望は見えない。
モールでトライをとれる状況でないのは、バツベイの抜けた穴が大きいのか。トライも突発的な2発だけ。
去年までの強すぎる東芝はどこへ行ったのか?

[サントリー 31-7 ヤマハ発動機] 秩父宮

すでにヤマハの気持ちが切れているのか?
まあ点差ほど差のある試合ではなかったが、サントリーは危なげなかった。
山下大悟が久々にいい動きをしていた。

[リコー 17-20 九州電力] 秩父宮
[コカ・コーラウエスト 27-35 NEC] 花園
[サニックス 12-52 神戸製鋼] 秩父宮
[三菱重工相模原 12-66 三洋電機] 秩父宮
[クボタ 19-10 日本IBM] 熊谷

リコーの降格が決まったらしい。
ラーカム獲得と聞いていたが、どうなるのか?
神戸は久々の大勝。
次週も勝ち点5をとるとして、東芝がヤマハに負けるとは考えにくく、得失点差では東芝は抜けまい。
あとはNECが三洋に勝つことでも期待するか。
可能性は低いがありえなくはない。
最終週もサントリー対トヨタ等、目が離せない。
posted by まーぶー at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

もうすぐキャンプ

キャンプまであと数日。
メンバーも発表され、何となく野球シーズンが近づいてきた。
今年は初の石垣島。
垣間見る感じでは、施設もそれなりに充実しているし、何よりも石垣島が素晴らしいところだということが改めてわかる。
時間があれば行ってみたいなあ。
実際には無理だが、こう考えるマリーンズファンがそれなりにいれば、石垣島にとってもプラスなんだろう。
メンバーは唐川・清水が別の意味での2軍スタート。
2軍の鴨川というのも、いいのか悪いのかよくわからんが、何れにしてもオーストラリア・鹿児島だった昨年までとは全く違ったキャンプになる。
故障者なくきっちりメンバーが集まり、充実したキャンプとなることを期待したい。
posted by まーぶー at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

パ・リーグは大丈夫か?

パウエルの契約がおかしなことになっている。
まあ二重契約なんて、当人と代理人が問題なんだが、オリックスもソフトバンクも何やってんだ。
そもそも巨人に逃げられてしまったパウエルを今更とりにいくオリックスは理解できないし、こんな状態の選手にちょっかい入れるソフトバンクもわからん。
まあオリックスの補強は何から何までわからんが。
もっとわからんのが西武。
打率280でホームラン25本の選手に提示が3500万。
本人希望の4500万も十分低いが。
和田も抜けて中心になることを期待する選手にこの扱いか?
このチームは渡辺新監督次第なんだろうが。
その点はハムも同じ。
梨田でうまくいくんだろうか?
チームそのものは中田も加入して明るいが。
まあマリーンズはYFKが抜けて苦戦は必至だし。
そうなると今年は楽天か?
そうだ、それが一番盛り上がる。
なんて思うキャンプイン前日。
posted by まーぶー at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。