2007年09月01日

[116]今江ぶちかましから7点(対Bu○)

本日は帰宅後に追っかけ再々。
こういうシチュエーションは間違って生の映像が目に入ってしまい、その後見る気を失うことが多い。
今日飛び込んできたのは、試合開始2時間20分の時点で、オリックスの投手が小松に変わるところ。
ということは、そこそこのワンサイドゲーム?
となると先発投手を比較すると・・・
などと不安に感じながら見ているが、デイビーの荒れ球が全く打てず、5回まで1安打。
清水もなんとか頑張っているが、6回までに2失点。
とはいえ、2点差でデイビーから小松へのリレーというのも考えにくいので、
「マリーンズにビッグイニングでも起こらんかなあ」
と思っていると、6回に現実となる。
無死満塁というある意味ピンチともいえる場面で、ズレータの打球は浅いセンターライナー。
センターの素晴らしい送球と今江の突進がほぼ同時。
こうなると今江は相手を吹き飛ばすしかなく、結果同点。
その後もヒットは続くは、送球はランナーに当たるはで7得点。
こんなこともあるんだなあ。
デイビーも打たれた気がしなかったんだろうし。
とにかく勝ててよかった。
もっとも小松にはその後完璧に抑えられたが。
あんなんじゃ川越にやられちゃうよ。
明日はしっかり打って、コバヒロで必勝!

【試合内容(B59勝50敗)】
posted by まーぶー at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

[117]弱い(対Bu●)

本日も録画追っかけ再生。
先制点こそとったが、コバヒロがピリッとしない。
あっさり逆転されてしまうのは、ストレートがシュート回転しているせいか?
打線は里崎の同点2ランで盛り上がりは見せたが、全部で5安打。
大久保、加藤なんか全く打てる気がしない。
マリーンズの救援陣が調子がよければ互角なんだろうが、8回には薮田が踏ん張りきれない。
正直どっちが最下位のチームかわからん。
西武に3連勝した楽天もあなどれない。
ズレータが帰ってきて何となく戦力が整ったような気はしていたが、1点を争うゲームで勝てる力は最後までもどらないらしい。
これで、ハムやソフトバンクと競っていけるのか。
厳しい現実を感じた1戦。

【試合内容(B59勝51敗)】
posted by まーぶー at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

[118]竹原の3ランで逃げ切り(対L○)

本日は夜も事務所でずっと作業。
1球速報を見たり、動画まで見たり。
成瀬は相変わらずの西武キラーぶりを見せ、竹原が欲しいところで3ラン。
これは楽勝で逃げ切りかと思いきや、成瀬が7回に3連打を浴びて1点差。
しかしそこからはコバマサで締めるリレーが決まるのだから、今年は西武に相性がいい。
まあ成瀬で負けるとショックがでかいんで、負けなくてよかったというのが正直なところ。
少しハムとのゲーム差がつまってきた感じ。

【試合内容(A60勝51敗)】
posted by まーぶー at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

[119]小野踏ん張り逃げ切り(対L○)

本日も事務所で仕事をしながら一球速報&動画。
6回まで0−0という展開は「小野が良く頑張っているなあ」という感じ。
何せこっちは2安打で西武は7安打。
しかし7回の表にはきっちり先制され、「今日は仕方ないか」とあきらめかけると、その裏にあっさり逆転。
なおも2死満塁まで行き、安全圏でいけるかと思いきや2点どまり。
しかしその不安も薮田・コバマサが3人ずつで片付けて西武に連勝。
いやあ、今日は勝てて大きい。
何せ次は仙台の楽天戦だけに、現状ではそうそう勝てない。
何とか勝ち越したいなあ。

【試合内容(A61勝51敗)】
posted by まーぶー at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

いよいよラグビーW杯フランス大会

数時間後にフランス対アルゼンチンで開幕!
やはりアイルランドも加わるこのプールが最も面白い。
このプールの2位がおそらく決勝トーナメント初戦でオールブラックスとあたる。
下馬評では1位フランス、2位アルゼンチンとなっているが、個人的にはアイルランドに期待したい。
というよりアイルランドが躍進できるとすればこの大会しかない気がする。
が仮に1位アイルランドで2位フランスとなると、オールブラックス危うしということになる。
まあオールブラックスに優勝してほしいが、冷静に予想するなら南アかな。
正直日本代表への期待はどんどんしぼんでいく。
もちろん最初から期待はしていないが、怪我人続出する中、オーストラリア戦で3桁失点を逃れるかどうかというレベルだろう。
壮行試合あたりから興味が薄れていたなあ。
別に大畑がいるいないは関係ないが、どこに注目していいかわかならい。
魂のこもったタックルを見せるしかない。

posted by まーぶー at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

[120]久保が役割果たす(対E○)

本日は朝から晩まで採用面接。
てなわけで、終わった時間には試合終了のはず。
帰りの電車の中で結果を確認すると快勝。
久保がしっかりと投げ完投し、打線も早い段階で一場をKOしたらしい。
2年前にフルスタに行った際は久保のプロ初完封を観戦したのだが、当時の「ボーナスステージ」とは違って、最近フルスタでは簡単に勝てない。
よく久保が責任を果たしたし、大松がホームランを含む4安打など、打線もよく援護したと思う。
明日勝って連勝とできるかどうかは本当に大きい。
シュンスケに期待したいし、まずは朝井を早く打ち崩すこと。
セも阪神が首位に立ったし、ウチも何とかハムを引きずりおろしたいもの。

【試合内容(B62勝51敗)】
posted by まーぶー at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

アルゼンチンが大金星(ラグビーW杯)

D[フランス 12-17 アルゼンチン ]サンドニ

いよいよ開幕。
開幕戦は昨日の早朝。
なんとか早起きして内容チェックしてから出かけようと思ったが無理だった。
今日は朝から採用の面接。
まあパソコンの前に座る時間もなかったので、結果が目に入ることなく、帰ってからの録画再生で確認できた。
逆にいうと、ラグビーのW杯が注目されてなくて、ニュースになっていないということなんだろうけど。
ともかく、開幕戦で番狂わせがあると面白い。
アルゼンチンはFWが強いし、BKもトリッキー。
それでもフランスの方が断然強いと思っていただけに、この結果は意外。
アルゼンチンの1トライはインターセプトからなので圧倒したわけではないが、後半開始早々アルゼンチンゴール前の攻防で守りきったときは鳥肌が立った。
そしてこうした試合はPG。
フランスは後半2本外したのが痛かった。
最後アルゼンチンもイージーなPGを外し、その後のプレーが続いたので、「もしや」と思ったが奇跡は起きなかった。
このプールはアイルランドもいて本当に楽しみ。
2位だとオールブラックスなどと考えていたが、予選突破も難しい。
これから1ヶ月半が実に楽しみ。
posted by まーぶー at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本初戦はワラビーズに大敗(ラグビーW杯)

B[オーストラリア 91-3 日 本]リヨン

予定どおりと言ってはいかないのだろうが、大敗。
ワラビーズはグレーガン・ラーカムを含んでほぼベストメンバー。
日本は追加召集を含むBチーム。
ある程度仕方ないが、それでも前半は23−3と踏ん張った。
モールで押し込まれるのは仕方ないとして、一発で抜かれるシーンは少なかった。
しかし後半になると悲しいかないつもの展開。
簡単に一発で裏に出られてしまうトライラッシュ。
前半の点数から考えて3桁には行かないと踏んでいたが、かなり近いところまでいってしまった。
正直へこむけど、これはある意味予定どおりの試合内容。
16年ぶりに1勝することこそ今回やるべきこと。
次のフィジー戦に結果を出してほしい。

C [ニュージーランド 76-14 イタリア ]マルセイユ

チラッと中継を見ただけだが、やはり勝負にはならない。
今年の6ネーションズで2勝したとはいえ、やはりレベルが違う。
それでも前後半1トライずつだからイタリアもそれなりか。
オールブラックスとしては楽なプールだけに、だれてしまうのが心配。

A[イングランド 28-10 アメリカ ]ランス

日本ととものワールドカップ連敗記録を更新中のアメリカ。
しかし毎度思うが、このチームポテンシャルは高い。
今回も録画を早送り再生していたが、アメリカのディフェンスはしっかりしており、イングランドも大量点には至らなかった。
イングランドの攻撃もさほど見るべきものがなく、正直がっがりした試合。
posted by まーぶー at 02:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[121]福浦が心配(対E●)

久しぶりの録画追っかけ再生だったが・・・
シュンスケは3回不運なヒットから無死満塁とし2失点。
打線は朝井を打てそうで打てないが、何とか6回に同点。
しかし、5回1死満塁の福浦のゲッツーは痛かった、
その後マリーンズが逆転するが、守備のミスを元に逆転されてしまった。
もったいない試合だった。
福浦がこんな調子だと打線が切れてしまう。
今年の福浦は悪い時期が長すぎる。
これからの戦いには当然必要な選手だが、この調子で3番では厳しい。
結局フルスタで1勝1敗。
明日からのハム4連戦が今年の順位を左右する戦いとなる。
向こうも調子は良くないが、なんとか3勝したい。
ホント頼むよ。

【試合内容(B62勝52敗)】
posted by まーぶー at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

南アは大勝(ラグビーW杯)

B [ウェールズ 42-17 カナダ ]ナント

何となくテレビをつけたのは後半10分だが、その時のスコアは9−17でカナダのリード。
その後は選手の入れ替えが功を奏し一方的な展開となったが、実力的に劣る国が勝つためにはこういう展開から最後まで守りきるしかないんだろう。
そうはいってもカナダの3トライは何れもモールかららしく、さすがにFWが強いチーム。
日本の「2勝」にはカナダも計算に入れているが・・・

A [南アフリカ 59-7 サモア ]パリ

映像を見ていないので何とも言えないが、サモアの実力をもってしてもこれだけの大差がついてしまう。
やはり南ア恐るべしというところか。

C [スコットランド 56-10 ポルトガル ]サンテティエンヌ

これも順当。
ポルトガルは練習試合で日本が唯一勝てた相手だし。

D [アイルランド 32-17 ナミビア ]ボルドー

この点差は正直意外。
ナミビアの実力そのものを知らないが、過去のオーストラリアに0−142で敗れたチームとは違いそうだ。
アイルランドに密かな期待を抱いている身としては困った。
アイルランド大丈夫かなあ。
posted by まーぶー at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[122]清水いいかげんにしてくれ(対F●)

事務所でヤフーの1球速報と動画を見ていたが・・・
情けない。
1点目をとられたののは相手を褒めるしかないが、その後の長打は棒球ばかり。
これが「エース」といわれた男の投球か。
1球1球に魂がこもっているとは言いがたい。
序盤でこの点差なら通常「捨て試合」だが、今はそんな余裕はない。
まだヒロユキや成瀬がいるが、ハムにもいい投手が多い。
まず明日はヒロユキで必勝。

【試合内容(B62勝53敗)】
posted by まーぶー at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

[123]嘘でしょう(対F●)

宴会の最中で確認での携帯チェックは3−0(7回)。
さすがヒロユキと安心し、帰りの電車で再度チェックすると、9回で3−1でコバマサ登場、ただし雨天中断。
そのまま終わってくれれば良かったが、しばらく中断のままだった状況は、ゲーム再開後に3ランを浴びるという最悪の展開。
何かが崩れていく感じ。
だんだん悲壮感が強くなってきた。
明日勝てないとやばい。
ダルビッシュを打つしかない。
そして頑張れ成瀬。

【試合内容(B62勝54敗)】
posted by まーぶー at 23:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

[124]里崎の一振り(対F○)

昨日のことがあったので、今日は夕食後におそるおそるパソコンをあける。
7回で3−2。
何とかダルビッシュから点をとっているが、成瀬も打たれている。
その後は9回のみ動画を見て、薮田がキッチリ抑えて逃げ切り。
よくダルビッシュから勝てた。
里崎の一振りが大きい。
成瀬をたててまさかの2失点だから、そこからの逆転は価値がある。
最後はさすがにコバマサは出せなかったんだな。
まあ仕方ない。
なんとか明日も勝ってこの連戦5分にしたいが、グリンが相手でリリーフ陣のことも考えると、晋吾が0に抑えてくれないと。
頼む。

【試合内容(B63勝54敗)】
posted by まーぶー at 23:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

日本はフィジーに惜敗(ラグビーW杯)

B [日 本 31-35 フィジー トゥールーズ ]ボルドー

日本時間で深夜のゲームを早朝に録画再生したのだが、実に惜しい試合だった。
まあトライのとられ方はあっさりしていたが、しつこいタックルで止めるべきところは止めていたと思う。
ただ、後半はずっとリードされていたので、ロスタイムに入ってからトライを取りにいっていても、取れそうな雰囲気はなかったように思う。
予選突破は最初から望むべくもないが、勝つ可能性がある相手のうちの一つに負けると、必然的に残りはひとつだから、あとが厳しい。

D [アルゼンチン 33-3 グルジア ]リヨン
A [アメリカ 15-25 トンガ ]モンペリエ
C [イタリア 24-18 ルーマニア] マルセイユ

その他はある程度順調。
アメリカも日本同様に連敗が伸びている。
ルーマニアはイタリアに善戦と言えるだろう。
時間の都合上、どの試合も映像で見ることはできなかったが。

当面は南ア対イングランドが楽しみ。
posted by まーぶー at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[125]小野でガッカリ(対F●)

事務所で1球速報と動画を見ていたが・・・
3回表にまるで3日前の清水と同じように小野が崩れて4失点。
その裏グリンが降りてくれたというのに、その後の投手も打てずに1点のみ。
ハムには本当に集中打でやられることが多い。
マリーンズが強いとは思わないし、もともと選手層を厚くできるチーム状況にはないと思っているが、ハムに見事に抑えられる現実からは、つくづくチーム作りの下手さが垣間見えてしまう。
この4連戦は結局1勝3敗。
レギュラーシーズン1位は絶望的になってきた。

【試合内容(63勝55敗)】
posted by まーぶー at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

[126]久保乱れる(対Bu●)

奥様の実家にいて、結果だけ確認。
1点しかとれないし、一挙に大量失点で敗戦。
最近相手チームにビッグイニングを許すことが多い。
1位チームが“優勝”なのだから、もっとしがみついて頑張らなくてはいかない状況だが、どうも興味もうせつつある。
“3位”という結果、クライマックスシリーズを本拠地で迎えられない状況も見えつつある。
このままでは終わってほしくないんだけどなあ。

【試合内容(B63勝56敗)】
posted by まーぶー at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

南半球勢強し(ラグビーW杯)

南半球3強がそろって快勝。
アルゼンチンも侮れないだけに、今回は南半球中心のワールドカップか。

A [イングランド 0-36 南アフリカ] サンドニ

現状では南アの勝利は動かないと思っていたが、まさか完封とは。
正直イングランドには攻撃の糸口すら見出せない感じ。
南アはFWが強く、ディフェンスが完璧。
やはり優勝候補の最右翼か?

C [ニュージーランド 108-13 ポルトガル ]リヨン

毎度のことだが、オールブラックスは予選で大勝することが多い。
日本と変わらないレベルのポルトガルだから、このくらいの点差は予想できたし、前半は比較的粘れたのも日本と同じ。
しかし、こういう楽な試合が決勝トーナメントでのオールブラックスを狂わしてしまう。
個人技で楽に点がとれてしまうので、いいのか悪いのか。
自陣ではディフェンスも必要ないし。

B [ウェールズ 20-32 オーストラリア ]カーディフ

あまり差が開かなかったが、ウェールズの地元ということで、不可解なシンビンの判定があったせいだろう。
ウェールズの攻撃も光る部分はあったが、あまり強さを感じさせないし、前半のPGのミスも痛かった。
オーストラリア的に丁度いい調整といったところか。
後半は相当メンバーを入れ替えていたし、チーム状態は悪くなさそう。

posted by まーぶー at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[127]どうにか逃げ切り(対Bu○)

何ともはや疲れる試合だ。
車で奥様の実家から帰る前に携帯確認すると4−2でリード。
ところしばらくして見ると、4−5で逆転。
またビッグイニングを作られてしまったらしい。
それでも車を動かす直前に確認すると5−5の同点。
9回に追いつくとは珍しい展開だ。
その後1時間20分の運転の末には何とか逆転勝ち。
里崎の2ランはさすがの勝負強さだが、ゲームセットがホームタッチアウトというところが、さすがはコバマサ。
サブローの好返球あったればこそだが、とにかくよれよれ。
見ていたら疲れた試合だったろうな。

【試合内容(B64勝56敗)】
posted by まーぶー at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

[128]コバマサで寂しく(対Bu●)

録画追っかけ再生とはいえ、久々に見た試合だったのに。
2点を先制したとはいえ、先発は清水。
予想通り逆転され、今日も4失点のビッグイニング。
逆転され方もよくないが、その後に点をとれない打線もふがいない。
それでも8回のベニーのホームラン、9回2死からの橋本の同点打は粘りを感じさせたが、延長戦は点がとれず。
12回のコバマサはやはりごまかしきれなかった。
あと一人まで行ったが、これが限界か。
そもそもスタメンはあれでいいのか、後で出てくるなら福浦、西岡、サブロー、早川はスタメンに名を連ねるべきではないのか。
9番塀内、1番大塚と続くとどうも納得いかん。
そもそもこのチームは今何を目指しているんだろう?

【試合内容(B64勝57敗)】
posted by まーぶー at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイルランド危うし(ラグビーW杯)

D [アイルランド 14-10 グルジア ]ボルドー

開幕戦のフランス対アルゼンチン以上に盛り上がった。
グルジアはFWの強さを武器にボールの支配率が高く、後半35分頃ゴール前に迫ったときにトライをとれていれば大金星になっていたろう。
日本には強いFWは無理でも、こういう試合をしてほしい。
アイルランドには正直がっかりした。
オドリスコルの突破も簡単に止められるし、これでフランスに勝つのは厳しい。
予選突破は最終日のアルゼンチン戦にかかるのではないか。
それも考えると、フランス戦も負けても接戦でないと。
春先は調子良かったのになあ。

B [フィジー 29-16 カナダ ]カーディフ

もう少し接戦になるかと思ったが、順当にフィジーが勝利。
これでフィジーもウェールズ戦に望みはつないだか。


A [サモア 15-19 トンガ] モンペリエ

地域を考えると予選であたるのはどうかと思うが、予想どおりの接戦。
でもサモアはかつてより実力が落ちているのか?
両チームともイングランド戦を残しているので、ひょっとするのか?

D フランス [87-10 ナミビア] トゥールーズ

さすがにフランスは順当。
ナミビアはアイルランドに善戦していただけに、やはりアイルランドが気になる。
posted by まーぶー at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。