2012年03月31日

2012年シーズンスタート

いよいよプロ野球が開幕。
震災後だった昨シーズンとはちょっと違った雰囲気の開幕。
スカパーも解約し、プロ野球への関心が薄れつつあるが、そうはいっても気になるもの。
マリーンズはといえば、投手陣は藤岡をはじめとした新戦力もあって、かなりアップした感はあるが、相変わらず打てない。
開幕は鬼門仙台の楽天戦で、対するは田中。
成瀬が0に抑えない限り勝機はないのかと思いきや、序盤で5得点。
成瀬も中盤に打たれ、最後は薮田が劇場を演じつつも、5−3で逃げ切り。
開幕に勝ったのは2004年以来らしい。
やはり開幕に勝つと、後が楽になる。
それが仙台ならなおのこと。
今日5点とっても安心できない打線なので、あまり期待してはいけないが、まあ楽しいシーズンにはなりそうだ。
試合を見ようにもスカパーは解約してしまったし、まあそれを後悔させてくれるような、マリーンズの快進撃を期待したい。
posted by まーぶー at 09:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

外国人選手とバタバタと契約

サブローだけで補強は終わりではなかった。
前ヤクルトのホワイトセルを獲得。
あまりいい印象はないが、とらないよりはましだろう。
でも、三振の数多いなあ。
さらにはグライジンガーとも合意間近との報道もある。
ペンやロサとも契約を結んだ。
何となく、来年の戦力が見えてきた。
でも、もう一人くらい外国人バッターとっておいた方がいいような。
まあ、予算的に無理か。
posted by まーぶー at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

補強はサブローだけなんてことは・・・

ジャイアンツからFA宣言したサブローがマリーンズに復帰。
まあ、あのトレード自体がおかしなものだったので、帰ってくること自体は歓迎。
まあジャイアンツにとっても痛くもかゆくもないだろうし。
でも、本来はこんなのおかしい。
喜んでもどってる場合じゃない。
もっと問題なのは、ほかに目立った補強がないこと。
サブローがいるだけで得点力が増すわけじゃない。
サブロー以外にも井口、里崎、福浦とベテランはいっぱい。
藤岡をはじめてした投手陣が頑張っても、点をとれないと勝てない。
でも、なんかこのまま補強しないような。
打てる外国人をとっておかないと、来季も今のままのような気がするんだけど。
posted by まーぶー at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

このドラフトはチーム再建のきっかけになるか?

珍しくいいマリーンズにとってドラフトだった。
即戦力トップクラスの投手を獲得したのは何年ぶりだろう?
もちろん藤岡が期待どおりの成績を残せるかどうかは別の話だが、指名されてうれし涙まで流してくれるのだから、素晴らしい選手だ。
2位以下も中後、鈴木、益田と、いずれも大学生。
しかも指名が4名で終了し、育成もゼロ。
獲得した選手はいずれも質が高いらしいが、いずれにせよチームの再建は現有戦力の底上げ。
教育リーグでも負け試合ばかりのようだが、大丈夫だろうか?
外国人にしても、それほど大金をはたいて補強するとは思えないし。
せっかく藤岡というビッグネームが入ったことだし、これをきっかけに雰囲気がよくなってほしい。
なんといっても、この打てなさぶりはなんとかしないと。
一瞬いい思いをしたドラフトだったが、まだまだこれから。
posted by まーぶー at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

オールブラックスがエリスカップ

≪決勝≫10月23日(日)
    ×フランス     7−8  ニュージーランド●
★ニュージーランドが6大会ぶり2度目の優勝に輝く!!
スタジアム:イーデン パーク(オークランド)

なんとなく、こんな展開になるような気がしていた。
やはり、フランスの恐ろしさ。
ただ、そのフランスは展開やキックというよりは、フォワードを中心とした着実な攻撃をしかけてきた。
フランスの奥の深さを感じたと同時に、オールブラックスの追い込まれ方も実感した。
先制トライはあっさり奪ったのに、ウィプーはその後のゴールをはじめ、PGも連続で失敗。
後半不注意からフランスにボールを奪われ、トライを許して1点差。
ここからは圧倒的にフランスが有利だったが、ここで踏ん張ったのが、今大会のオールブラックス。
怪我人続出で、かっこいいゲームはできなかったが、最後はどろくさく勝利。
ちょっとオールブラックスのイメージではなかったが、まあこんな勝ち方もあるんだろう。
日本に苦戦し、トンガにも負けたフランスが、オールブラックスをあと一歩まで追い込めるところにラグビーの面白さがあるが、少しでも力の差があると、つまらない試合になってしまうのもラグビーの怖いところ。
日本開催となる8年後になっても、その状況は変わらないのだろうが、これからの日本・世界のラグビーの進化を期待したい。
posted by まーぶー at 22:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

2011シーズン終了

2011年の千葉ロッテマリーンズの戦いが終わった。
54勝79敗11分。
5位から10.5ゲームも離れた、ダントツの最下位。
まあ、あまり真剣に見ていなかったが、ようやく終わったかという感じ。
終盤は連敗続きだったし。
西村監督のコメントも評論家みたいで、まるで他人事。
よくまあここまでひどいチームになったもんだ。
球団社長と代表が退任し、新しい体制になるらしいが、どうなることやら。
もともとここんおオーナー親子はセンスないし。
昨年まともな補強をしなかったつけがこの結果。
今年少しくらいの補強をしても、焼け石に水。
中村一人に及ばなかったホームラン数など、少々外国人が良くてもあまりかわらないだろう。
1点を確実にとれる野球、1点を守り切れる野球、そうしたものを監督が目指す意思が伝わってこないと、なかなか再生は難しい。
まあ、そんなことは選手も首脳陣もわかっていて、来年はこの汚名を晴らすべく燃えていることを信じたい。
posted by まーぶー at 23:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

決勝はフランスとオールブラックス

≪準決勝2≫10月16日(日)
    ×オーストラリア  6−20  ニュージーランド●
★ニュージーランドが決勝へ進出!
スタジアム:イーデン パーク(オークランド)
≪準決勝1≫10月15日(土)
    ×ウェールズ    8−9  フランス●
★フランスが決勝へ進出!
スタジアム:イーデン パーク(オークランド)

決勝つまんないなあ。
もちろんフランスの意外性で何がおこるかわからないが、その展開もつまらない。
オールブラックスは勝って当然だけに、またしても受けにまわるのか。
ウェールズが焦ってドロップゴールを狙っては外す状態には失望した。
完全に勝てたはず。シンビンは痛かったが。
オーストラリアも消化不良だが、まあ順当な結果。
それにしても、つまらない決勝になったもんだ。
弱い方を応援できないという意味でもっともつまらない。
posted by まーぶー at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

南半球の準決勝は順当?

≪準々決勝3≫10月9日(日)
    ×南アフリカ    9−11  オーストラリア●
★オーストラリアが準決勝へ進出!
スタジアム:リージョナル スタジアム(ウェリントン)

≪準々決勝4≫10月9日(日)
    ●ニュージーランド 33−10  アルゼンチン×
★ニュージーランドが準決勝へ進出!
スタジアム:イーデン パーク(オークランド)

南アとオーストラリア、どちらが勝ってもおかしくない展開だった。
というより、南アは勝てる試合だった。
中盤は完全に圧倒していたし、PG1本で逆転されてそのままだったが、そこまでオーストラリアのディフェンスは良かったのだろうか?

オールブラックスは消化不良。
ダン・カーターが欠場したせいか、どうも攻撃に精彩を欠く。
ウィプーのPGは良かったが、アルゼンチンディフェンスを崩し切れず、なかなかトライが奪えない。
結果的には2トライあげたが、あまりいいトライではなかった。
点差以上の苦戦だが、これはきっとオールブラックスにはいい方に働く予感がする。

オーストラリアとオールブラックス。
まあどう転んでもおかしくはないが、この大会はオールブラックスに期待したい。
あと1週間待ちきれんなあ。
posted by まーぶー at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

北半球の準決勝は予想外の転換

≪準々決勝1≫10月8日(土)
    ×アイルランド   10−22  ウェールズ●
★ウェールズが準決勝へ進出!
スタジアム:リージョナル スタジアム(ウェリントン)

≪準々決勝2≫10月8日(土)
    ×イングランド   12−19   フランス●
★フランスが準決勝へ進出!
スタジアム:イーデン パーク(オークランド)

2試合とも予想外。
ウェールズの予選を見ていないので、南アと1点差だったことを考えると、これは順当だったのかもしれないが。
アイルランドはゴール前には迫れるが、ウェールズの分厚い防御に抑えこまれた。
こんな強いウェールズは初めて見るかもしれない。
逆にアイルランドはここ一番で力を出し切れないのは相変わらずのようだ。
それに引き替え、ここ一番で思いもしない力を発揮するのがフランス。
スピード感あふれる攻撃はこれまでの不振を一蹴するもの。
イングランドはスピード感がなく、あっという間に点差が開いてしまった。
ウィルキンソンのキックがどうこう言う前に、PGの機会もなかった。
イングランドがこの段階で消えるとは。
準決勝の北半球対決はウェールズ対フランス。
予想はウェールズとしておこう。
posted by まーぶー at 08:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

ワールドカップ予選終了

ちょっと目を離しているすきに予選が終った。
日本代表は予想通りだった。
残りの2試合は見ていない。

9月21日(水)
    ●トンガ       31−18  日本×
★トンガ 勝点4
スタジアム:ノースランドイベントセンター(ファンガレイ)

この負けが痛かった。
まあ、トンガはフランスに勝っちゃうくらいだから、今大会の出来はよかったんだろう。
でもトンガがフランスに勝った試合は見たかったなあ。

9月27日(火)
    ▲カナダ       23−23  日本▲
★日本、カナダ 勝点2
スタジアム:マクレーン パーク(ネーピア)

2大会連続で同一カードが引き分けというのは珍しいが、前回は終了間際に日本が追いついたが、今回は終了間際に追いつかれた。
まさに、近くて遠い1勝。
これでカーワンジャパンは終了。
次は誰がやるんだろう。

この予選で一番興奮したのはこの試合。

9月17日(土)
    ×オーストラリア   6−15  アイルランド●
★アイルランド 勝点4
スタジアム:イーデン パーク(オークランド)

前大会ほどアイルランドには期待していなかったのだが、しっかり世代交代が進んでいるようだ。

10月1日(土)
    ●イングランド    16−12  スコットランド×
★イングランド 勝点4
スタジアム:イーデン パーク(オークランド)

スコットランドの予選敗退が決まった試合だが、接戦の割には面白くなかったかな。
ウィルキンソンのキックがいいのか悪いのか、よくわからん。

決勝トーナメントの展望だが、
NZとアルゼンチンは、いいゲームが期待できるが、NZが順当に勝ちそう。
南アとオーストラリアが見もので、この勝者が準決勝でNZと戦う。
アイルランドとウェールスはアイルランドを応援したいが、実はウェールズも調子がいいので侮れない。
イングランドとフランスはイングランドに分がありそう。
すでに決勝が南半球対北半球に決まってしまったが、順当にいけばNZ対イングランドか。
個人的にはアイルランドに出てほしいが、さてどうなることか。
posted by まーぶー at 00:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。